キセルの吸い方

キセル・シガ−の愉しみ方

キセルの吸い方 How to smoke kiseru pipes

きせるの長い煙道を通すことで煙が冷やされ、刻みたばこ特有の味・香りが愉しめます。
Kiseru is a Japanese smoking pipe traditionally used for smoking “kizami” , a finely shredded tobacco product ressembling hair.
Kiseru has a long slender stem wich delivers the fragrant aroma of the tobacco and cool smoke.

一般的なきせるの持ち方です。

Two basic style to hold kiseru pipes.
刻みを指先でひとつまみ取り出し、丸めてきせるに詰めます。

Fill the bowl with a bit of kizami that pinched out and roll into a pea sized ball.
遠火で刻みに火をつけて、ゆっくりと吸います。

To light up to kizami, you draw kiseru very gently, then puff slowly.
吸い終わったら、灰皿に直接当てず、指を添えて灰を落とします。

After the smoking, tap kiseru against your hand to empty out the bowl.

キセルのお手入れ How to clean kiseru pipes

手入れをする際は、きせるが完全に冷めていることを確認してから行ってください。
吸い続けるときせるにヤニがたまりますので、こまめにモールで、掃除してください。
ヤニが落ちにくい場合は、消毒用エタノールを染み込ませたモールを通すと落ちやすくなります。
First of all, let the kiseru cool completely. To Clean kiseru, run a pipe cleaner through the stem, dump out any dottle, and gently blow through kiseru to expel any left over ash.
Using a pipe cleaner soaked with dehydrated ethanol/rubbing alcohol can remove stabborn dirt of tar. 

モールを吸口から挿し込み、煙道の内側の汚れを取り除きます。
吸口より軽く吹き、中に残ったたばこ葉を吹き出しましょう。
きせるより短いモールを使う場合は、吸口側と火皿側の両側から 行ってください。

Run a pipe cleaner back and forth through the stem, dump out any dottle, and gently blow through the stem to expel any leftover ash.
モールを2 つに折り曲げ、輪になった側を用いて、火皿の内側の 汚れをふき取ります。

fold the pipe cleaner in half, and using the loop side to clean inside of the bowl(hizara).

取扱い上の注意

  • お子様の手の届かないところに保管してください。火皿付近は喫煙中とその直後は大変熱くなります。絶対に触れないでください。ご使用後、確実に火が消えていることを確認してください。
  • 金属部分のお手入れは、材質にあったクロスやクリーナーをご使用ください。エタノール等の洗浄液が羅宇に付着すると、羅宇の塗りを痛めることがありますので、十分にご注意ください。
  • 灰皿等に直接叩きつけて灰を落とさないでください。

Warning:

  • Keep out of reach of children.
  • Do not touch the bowl (hizara) with your bare hand during or immediately after smoking.
    Allow the kiseru to cool down before you touch to clean it.
  • To remove tarnish on metal parts, use a polishing cloth. When you apply liquid cleaning solution, make sure not to run over to the stem which made of other than metals, to avoid damaging its surface.
  • Do not tap kiseru against a hard surface to dump the ash, as this may result in a cracked shank(gankubi) or broken stem.