おすすめ商品

おすすめ商品

PASERU(パセル)

ファインパイプ 詳細写真01
PASERU(パセル)
型:全2型(ストレート・アーク)
長さ:約17cm
色:全3色
無垢・葡萄茶(えびちゃ)・藍墨茶(あいすみちゃ)
希望小売価格:\8,800(税込)

日本と西洋の2つの文化の伝統が融合した新しい喫煙スタイル

PASERU(パセル)は、日本の「煙管(キセル)」と西洋の「パイプ」を融合させた新しい喫煙具です。

日本古来の煙管にはクールスモーキング、そして二、三服で満足できる手軽さという魅力があります。クールスモーキングとは文字通り、冷やされた煙を味わうこと。火皿から吸口までの長い煙道を通り、煙をある程度冷やされることで味をまろやかに感じることができます。

一方、パイプはその温かい質感や道具を育てる楽しみを感じることができ、自分のお気に入りの"たばこ"葉を時間を掛けてゆっくりと味わうことができるのが特徴です。

生活のどこかに自分のこだわりをもつことは、たとえ忙しい毎日でも自分らしさを忘れない心の余裕を私たちに与えてくれます。たとえば、文房具にこだわりをもつ人は、新しいアイデアを練る際に必ず使う万年筆を持っていたり、自分だけの相棒を持っています。このPASERUもそうしたこだわりを持つ人たちの相棒になればという思いでつくられました。

そのため、PASERUは持ち歩きにも便利なコンパクトなサイズとなっています。デザインはアートディレクター渡邊かをる氏によるもので、生産は新潟でハンドメイドパイプの制作を行っている職人、櫻井謙一郎氏が一本一本丹精を込めてつくり上げました。キセルとパイプ、2つの伝統的な喫煙具の良さを取り入れ、日常をいつもともにし、手軽に自分好みの味を楽しむことができる、これまでにない新しい喫煙具です。


製品特徴

本物の素材
素材は本格的なパイプと同じ高級素材であるギリシャから直輸入したブライヤーを使用し、道具の温かみを引き継いでいます。ふきんで磨くことでツヤを長持ちさせることができ、火皿の経年変化を楽しめます。
手軽に楽しめる喫煙時間
たばこ葉をひとつまみ(0.3g程度)で、5分程度は十分にお愉しみいただける、財布にも大変優しい道具です。
たばこ葉本来の味わい
煙管の"煙道が長い"という良さを引き継ぐことにより、火皿から吸口までの間に煙が冷やされ、よりやわらかい味を愉しむことができます。またコンパクトな火皿は、パイプたばこから刻みたばこまでと、様々な愉しみ方ができます。市販のパイプ用フィルター(3mm)もご利用いただけます。
職人による手づくり
渡邊かをる氏によるスタイリッシュなデザインをもとに、パイプ職人櫻井謙一郎氏が一本一本丹念に作り上あげました。

  渡邊 かをる Kaoru Watanabe
アートディレクター。1943年、東京・築地生まれ。(株)渡邊かをるインク主宰。
キリンラガービールのラベルをデザインするなど、広告のアートディレクターとして活躍する一方、陶磁器、美術全般への造詣の深さと、その粋なライフスタイルにも定評がある。
  櫻井謙一郎 Kenichiro Sakurai
1965年新潟生まれ。新潟を拠点にグラフィックデザイナーとして活動する一方、ハンドメイドパイプの制作も精力的に行う。2007年には自作のハンドメイドパイプを販売するWEBサイト「kenpipes.com」を立ち上げ、国内外にファンが広がっている。