禁煙ファシズムにもの申す

禁煙ファシズムにもの申す

書評「タバコと酒」の健康常識はウソだらけ (WAC)

腰帯に「タバコは肺がんの主要な原因ではない!」「ニコチンは右脳を活性化させる効果が高い!」「酒とタバコは人生の糧となる!」と謳ってあるのを見ると、・・

続きを読む
2013.11.19
ハイパー愛煙家 ハンナ・アーレント

ドイツ映画「ハンナ・アーレント」の試写会に招待された。ナチス戦犯のアドルフ・アイヒマン裁判を、ナチスドイツに迫害されて米国に亡命したユダヤ系ドイツ人の政治哲学者・・

続きを読む
2013.10.23
中東・セルビア喫煙事情 中

アブダビ空港では、トランジットの際に食事券を貰った。未明に到着するトランジット客に簡単な食事を提供しようという趣旨だろうが、いかにもアラブ流のおもてなしの心が・・

続きを読む
2013.10.08
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき35

「日本禁煙学会」は何様のつもり?

「日本禁煙学会」とか名乗る連中が、宮崎駿監督作品の「風立ちぬ」とかいう漫画映画にいちゃもんをつけたという記事を新聞で読みました。映画の中で、喫煙場面が多い・・

続きを読む
2013.08.27
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき34

もっと噛み付け、嫌煙団体

しばらく前のことだ。「おいでたかね、ちっとばか聞いてくんろ」と、元禁煙運動推進者の歯医者サンが我が家の紫煙たなびく遊び部屋に久しぶりに顔を出された。・・

続きを読む
2013.08.22
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき33

愛煙家は自治体やJRに対しどんどん要求しよう!

愛煙家の皆さん、紙巻きタバコにかけられる税金がどの位かご存知ですか?
消費税:19.52円
たばこ特別税:16.4円 ・・

続きを読む
2013.08.02
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき32

全国2600万人の愛煙家の皆さん! 嫌煙候補への投票は止めよう!

私は、ことある度に、喫煙場所を整備して欲しいと自治体や公共施設に要望してきた。例え、蟷螂の斧であろうとも、言い続けることが大事だと思い行動している。
ここに嬉しいニュースを報告する。・・

続きを読む
2013.07.19
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき31

嫌煙運動の実態

羽田空港国内線のJAL等が発着する第一ターミナルの13番と14番近くに在る無料喫煙室はなかなか良い。私のように年がら年中、出張が多い仕事をしている者にとっては、心が落ち着くオアシスのような空間だ。 ・・

続きを読む
2013.07.17
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき30

今年も行きました世界禁煙デー

誰が決めたか知らぬが、5月31日は「世界禁煙デー」だそうな。
「世界禁煙デー」はどうでもよいが、毎年2月20日の「国際パイプスモーキングの日」(IPSD)の方は大切な日だからお忘れなく。・・

続きを読む
2013.06.17
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき29

たばこを自由に喫える病院を創ろう!

愛煙家の父が入院した。

父は卒寿を超えてぴんぴんしているが、階段を下りる途中で躓き、転倒して足を複雑骨折したのだ。症状はかなり酷かった。・・

続きを読む
2013.05.23
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき28

まともな人になられましたね

「おいでたかね、ちっとばか聞いてくんろ」と、今ではすっかり仲良しになった例の元禁煙運動推進家の歯医者サンが我が家の紫煙たなびく遊び部屋に顔を出した。・・

続きを読む
2013.04.09
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき27

世の中ままならぬもの

「ちょっくら相談がある」と、ご近所の禁煙運動に熱心だった歯医者サンが、我が家の紫煙たなびく遊び部屋に顔を出した。・・

続きを読む
2013.03.08
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき26

中国たばこ事情

1月の北京は、連日氷点下の厳しい気候だ。マイナス20度以下の日もしばしばある。おまけに大気汚染が呼吸困難を覚えるほどひどい。・・

続きを読む
2013.02.15
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき25

健康で長生きしたかったら、パイプ煙草を喫おう!

世の中には様々な健康法があり、毎日、新聞やテレビ、雑誌で取り上げられている。・・

続きを読む
2013.01.28
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき24

オリンピックは禁煙しないと招致できないの?

昨年暮れの東京都知事選に出馬した松沢某という御方が「東京に再び五・・

続きを読む
2013.01.11
書評  早死にしたくなければタバコはやめないほうがいい(武田邦彦中部大学教授著、竹書房、価格1260円税込み)

たばこを巡る真実をありのままに書き記した痛快な本が現れた。

筆者の武田邦彦中部大学教授は、テレビなどでおなじみの科学評論家。・・

続きを読む
2013.01.07
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき23

車の排気ガスは許容できるが、タバコの煙はダメなの?

忙中閑ありで、経営者仲間の友人に誘われて、経営セミナーを覗いてみた。経営コンサルタントとかいう職種の方々が、企業経営に対する様々な助言や提言をして・・

続きを読む
2012.12.03
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき22

おなじみの双子の写真

ご近所の歯医者サンが、久しぶりに我が家の紫煙濛濛の遊び部屋にいらっしゃった。この歯科医サンは、不快極まる愚物揃いの禁煙運動屋の中では例外中・・

続きを読む
2012.10.25
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき21

吉田茂に葉巻を吸わせちゃいけないの?

焦土と化した日本を率いた宰相吉田茂。
誰もが誇りを失った占領下、ただ一人、最高権力者ダグラス・マッカーサーと対等にわたりあい、日本を再生に導いた男吉田茂の激動の後半生・・

続きを読む
2012.10.19
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき20

肺癌の原因の遺伝子が特定されたそうだ

前回紹介したバーで知り合い、仲良くなったお医者さんに「もし私が肺癌になったら、治療をぜひお願いしますね」と依頼したら、「私の友人で地方の大学病院の教授で・・

続きを読む
2012.09.28
露 墺空港等、喫煙事情

愛煙幸兵衛先生から「日本は暑くてたまらん。ロンドンオリンピックのテレビ観戦も十分堪能したから、オーストリア湖水地方に避暑を兼ねてしばらく遊びに行く。君、暇だろう? 一緒に付いてきたまえ」と突然、電話があった。・・

続きを読む
2012.09.06
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき19

肺ガン死亡率の低下は医療の進歩のおかげ

とある老舗のバーに行った。

心を許せる友人とワイワイ言いながら飲む酒も良いが、たまには一人静かにパイプ・・

続きを読む
2012.08.28
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき18

金メダルおめでとう

ロンドンオリンピックが終わった。

多くの諸兄諸姉の皆様も、私と同じ様に寝不足になった方々が多くおられたと思う。・・・

続きを読む
2012.08.15
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき17

タバコを喫うと老けて見えるそうだ

5月31日はご存知、「世界禁煙デー」。今、注目の哲学者適菜収さんのことばで言えば、世界を蝕む「B層」の方々による「B層」の方々のための催しだ。・・・

続きを読む
2012.08.03
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき16

ディーゼル排気 発がん性認める

親しくなった禁煙運動家の歯医者センセイが共同通信ジュネーブ発の記事が掲載されている新聞を、我が家の紫煙朦朦たる遊び部屋にわざわざ持って来て下さった。・・・

続きを読む
2012.07.09
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき15

品性は顔に出る

先日、空港ビルへ行く歩道で、前をよちよち歩いていた高齢のご婦人が、突然よろめいて転倒しかけた。・・・

続きを読む
2012.06.26
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき14

お前、医者だろう!

すっかり親しくなった禁煙運動家の歯医者サンが、我が家の紫煙濛々たる遊び部屋に、若い医者を連れて遊びにいらっしゃった。この若い医者は・・・

続きを読む
2012.06.06
武田邦彦中部大学教授のブログのご紹介

武田邦彦中部大学教授がご自身のブログの中で、民間企業の技術者出身の学者としてのご見識を基に、たばこの問題について、・・・

続きを読む
2012.05.11
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき13

嫌煙不良とは……。世の中、変わったものだ

私の若い時分は、不良と言えばたばこ、たばこと言えば不良というわけで、たばこと不良は切り離せなかったものだ。・・・

続きを読む
2012.05.01
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき12

あれ? 計算が合わないよ。

昨年秋、たばこ嫌煙病患者の団体が、たばこにポロニウムが含まれると発表していた。 ・・・

続きを読む
2012.04.25
武田邦彦中部大学教授のブログのご紹介

京電力福島第一原子力発電所の事故と事故処理の不適切さなどを巡って活発な評論活動をなさっている武田邦彦中部大学教授のブログを、当ホームページは昨年、有益なブログとして紹介いたしました。・・・

続きを読む
2012.04.21
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき11

やはり煙が見え無いと、美味しくない。

東京へ遊びに行き、パイプ仲間の友人に「ふらっと遊びに来たよ」と声をかけたら美味しい昼食をご馳走になった。歓談の中で「飛行機で帰るよ ・・・

続きを読む
2012.04.13
地球温暖化論と嫌煙運動

昨年3月の東日本大震災と福島原発事故の頃から、寄る年波には勝てず、体調を壊して一年間ほど休筆していましたが、ようやく体調も恢復して元気になりましたので、老躯に鞭打ってまたぞろ執筆を開始致します。 ・・・

続きを読む
2012.04.11
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき10

「長生きしたかったら、少食だそうだ」

テレビで、色々な長生きの方法を紹介していた。その中に、少食プログラムと言うものがあった。 ・・・

続きを読む
2012.03.27

最近の週刊誌等の報道から愛煙家の参考になる記事をご紹介します。

まず、須田慎一郎氏の週刊ポスト連載記事の最近の3回分をご紹介します。(11〜13回)著名なジャーナリストの須田慎一郎氏が、週刊ポスト(小学館)に、異様な禁煙・・・

続きを読む
2012.03.21
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき9

「あの泉重千代さんは、たばこを吸っていましたよ」

もうすぐ93歳になる私の書道の師匠がたばこを止めたのは、掛かりつけの若い医者から「癌になるぞ」と脅されたばかりでなく、「かつて120歳と男性最高齢を記録した泉重千代さんは、たばこを止めたから長生きした」と聞いたことも理由だそうだ。 ・・・

続きを読む
2012.03.15
政治コラムニストの岩見隆夫氏が厚生労働省の異常なたばこ政策を厳しく非難しておられます

愛煙家各位
政治コラムニストの岩見隆夫氏が、昨今の厚生労働省の常軌を逸したとしか言いようがないたばこ政策を厳しく非難しておなれますので、ご参考までにご案内いたします。。・・・

続きを読む
2012.03.03
武田邦彦先生のブログ紹介

東電の福島原発事故に関し、歯に衣着せぬ言論活動をなさっている武田邦彦中部大学教授が、ご自身のブログで「たばこの副流煙」について書いておられます。・・・

続きを読む
2012.02.17
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき8

「歳をとったら、たばこは止めるな」

ある有名大学の教授をしている親しいお医者さんから面白い話を伺った。
彼曰く「子供や若い人には喫煙は健康にあまり良くないということは、昔から経験的に ・・・

続きを読む
2012.02.15
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき7

「嫌煙運動家に名医はいない」

こう書くと怒る人もいるだろう。
しかし、これは我が家に遊びに来る禁煙運動家のご立派な歯医者サンが、自らの経験を踏まえて私におっしゃった言葉である。 ・・・

続きを読む
2012.02.04
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき6

嫌煙屋の医者=ヤブ医者=嫌な奴

久しぶりに、昔、書道を教えて頂いた先生にお会いした。
「お元気ですね」と挨拶すると、「人を年寄り扱いするな。わしゃあ〜まだ92だ。せめて、天寿の半分までは生きてぇもんだ」と言われた。 ・・・

続きを読む
2012.01.20
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき5

お偉い喫煙指導員サマ

知り合いの葬式に行った。
市内中心部のお寺だったので、車を近くの駐車場に置いて、商店街をパイプを銜えて歩いて行った。歩行喫煙禁止地区なので、たばこには火を点けてはいなかった。 ・・・

続きを読む
2011.12.27
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき4

嫌煙でなく「禁煙推進運動家?」なのだとか

「ちょっくらごめんよ」と近所の嫌煙イノチの歯医者サンが我が家を訪ねてきた。
最近は美味しいおつまみを持って来てくれるので、こちらも「おいでなさんしい」と大歓迎だ。・・・

続きを読む
2011.12.14
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき3

嫌煙運動屋サン 手品モドキのイカサマは止めよう

ある催し物があり、遊びに行った。結構大きな会場だったのに喫煙場所は一ヵ所しか無かった。その喫煙場所を囲む様に嫌煙運動屋サンのテントがあった。 ・・・

続きを読む
2011.12.01

須田慎一郎氏の週刊ポスト連載記事の最近の3回分をご紹介します。(8〜10回)

ジャーナリストの須田慎一郎氏が週刊ポスト(小学館)に、禁煙ファシズムの横行を批判する立場から不定期連載中の「美しい分煙社会の作り方」の最近の記事を3本まとめてご紹介致します。・・・

続きを読む
2011.11.25
兵庫県知事の嫌煙男井戸敏三が問答無用で成立を目指す「受動喫煙防止条例」批判

週刊SPA!(扶桑社)でリポーターの神足裕司氏が連載中のニュースコラム「これは事件だ vol.738」で、兵庫県の「受動喫煙防止条例」を巡る騒動が取り上げられているので、ご紹介します。 ・・・

続きを読む
2011.11.15
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき2

このところ隣家のご夫妻が海外旅行にすっかりはまっておられる。 先月はフランスへ行ったばかりなのに、来月はロンドンへ行くそうだ。 ・・・

続きを読む
2011.11.10
雲造院杢杢愛煙信士のつぶやき

「たばこを1000円に」と主張なさるSさん、あなたは一体何サマのおつもりですか?

社会貢献を大義名分にした組織だそうですが、資金は・・・
続きを読む
2011.10.26
放射能とたばこ

卒寿を越しても元気なだけが取り柄だったはずの愚生だが、寄る年並みにはさすがに勝てず、体調を壊して長く臥せっている間に、・・・

続きを読む
2011.10.18
禁煙ファシズムを批判する須田慎一郎氏の記事が週刊ポストに連載されています(2回〜4回)

ジャーナリストの須田慎一郎氏が週刊ポストに検証シリーズとして「美しい分煙社会」の作り方という記事を随時連載しておられることを報告し、・・・

続きを読む
2011.10.14
養老孟司東大名誉教授の論文が週刊誌に掲載されました。

国際情報誌SAPIO(小学館)の9月14日号 OPINION欄に、養老孟司東大名誉教授の「異論を許さぬ空気を醸成する“禁煙運動”という危うい社会実験」という論文が・・・

続きを読む
2011.09.27
禁煙ファシズムを批判する須田慎一郎氏の記事が週刊ポストに連載されています

週刊ポスト(小学館)に著名なジャーナリストの須田慎一郎氏が、「検証シリーズ」と題して、不定期で、昨今の禁煙ファシズムの横行を厳しく批判する記事を掲載しています。・・・

続きを読む
2011.09.20
「嫌煙家」? 一体それは何?

最近、無学ゆえか無教養ゆえか知らぬが、奇怪な言葉遣いをする輩が目立つ。腹立たしい。
甚だしく不愉快なのは「嫌煙家」とかいう奇怪な造語を名乗る連中である。・・・

続きを読む
2011.07.12
ペットの病気の原因はすべてタバコ?

私は猫が好きで、40年ほど自宅で猫を飼っています。今は2匹飼っておりますが、以前は3匹飼っていたこともあります。・・・

続きを読む
2011.02.21
喫煙者弾圧法

週刊ポストの2011年1月28日号の132,133ページに、問題提起リポート 「受動喫煙防止法」の“正義”を問う、という記事が掲載されました。・・・

続きを読む
2011.02.08
愛煙家鼎談 その2

(承前)
重村:嫌煙運動や禁煙運動を煽動するマスコミの暴走ということですが、何か実例があった方が話が進めやすいと考えて古新聞の中から丁度、目にとまった新聞記事を持参しました。・・・

続きを読む
2010.12.17
歴史に学ぶ禁煙ファシズム その2

禁煙ファシズムで特徴的なのは、知識人の中には、フーコーの「生かす権力」の概念を用いて批判する者が多いのに、マスコミ、特に新聞がそうした声は報道せず、また執筆もさせないことである。・・・

続きを読む
2010.11.22
歴史に学ぶ禁煙ファシズム その1

先日亡くなった社会学者の小室直樹は、奇人として知られ、また天才だとも言われたが、私は若い頃、『日米の悲劇』というカッパ・ブックスを読んで、明らかに口述筆記をそのまま本にしたような、ひどいものだったので、以後ずっと関心を持たずにいた。・・・

続きを読む
2010.11.09
『ピース哀歌』

あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ。

還暦をすぎた老女が嘆くそのわけを。・・・

続きを読む
2010.10.05
郡山遠征記 その3

しかし喫煙環境は、首都圏と変わらずひどかった。

私は文学館の、ガレージのようなところで、暑い中、吸わなければならなかった。・・・

続きを読む
2010.09.22
郡山遠征記 その2

実際には私はもう、電車に乗ること自体が嫌になっていた。

何しろプラットフォームが禁煙だからで、地上駅なのにバカバカしいこと限りなく、所詮少数に過ぎない嫌煙勢力に屈する鉄道会社が呪わしかった。・・・

続きを読む
2010.09.15
たばこ大幅値上げの愚策

たばこは6割が税金である。300円なら180円が税金。10月からは7割超が税金になる。410円なら290円が税金だ。税金を吸って美味いか。・・・

続きを読む
2010.09.09
郡山遠征記 その1

私が久米正雄伝を書いていることは、実は企業秘密であった。

といっても、漏れると誰かに書かれてしまうと思ったわけではなくて、もしかしたら書けない、やめてしまうかもしれないと思ったからでもある。・・・

続きを読む
2010.09.08
愛煙家鼎談 その1

司会(事務局):この度は、ご多忙の中、日本パイプクラブ連盟主催の「愛煙家大いに語る」と題した鼎談会にご出席を賜りまして、まことにありがとうございます。・・・

続きを読む
2010.08.12
ある喫煙所での出来事

とある小雨降る五月の朝、例によって勤務先の近くの馴染みの喫茶店でお茶を飲むために駅の近くまで行ったら、駅からぞろぞろと通勤客が降りてきました。

すると、その中のサラリーマン風の小太りの若い男が・・・

続きを読む
伊達 国重
2010.07.01
神奈川県のloopy条例

神奈川県庁が「受動喫煙防止条例」なるものをごり押しに強行して、愛煙家や飲食店が大迷惑を蒙っているそうです。

施行直前に産経新聞に記事が上下2回に亘って掲載されていたので、・・・

続きを読む
愛煙 幸兵衛
2010.05.18
「魔女狩り」、今は「たばこ狩り」

「タバコニスト」というのは、以前は「葉たばこ仕入れ・買い付けのプロ」(リーフマン=たばこっ葉野郎)の意味だったが、今は「専門知識のあるたばこ屋さん」のようである。いずれにしても先進国では狂気のような「たばこバッシング」だから・・・

続きを読む
平井 修一
2010.05.14
暴走する厚生労働省

昨今の新聞報道によれば、厚生労働省が多数の人が利用する施設に対して原則全面禁煙とするよう求める「通知」を出したそうです。厚生労働省はこの「通知」とやらを、自治体などを通じて施設の管理者に周知を図るのだそうです。・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛
2010.04.12
「貧乏人は喫煙するな」か!

偏狭な嫌煙ナチスどもの巣窟だと思っていた民主党にも、まともな代議士が少なくとも1人はいることがわかった。

産経新聞の1月22日付け朝刊5面に「貧乏人は喫煙するな」か! と題した・・・

続きを読む
多言居士
2010.02.09
ある嫌煙者の話

私と同じマンションに住むある嫌煙者のことをお話します。

数ヶ月ほど前の話です。私が、深夜11時頃帰宅してマンション玄関のオートロックを開錠したら、遅れて玄関に入って来た高級サラリーマン風の中年の男が・・・

続きを読む
匿名希望
2010.02.01
たばこ税についてのまともな意見

週刊新潮に連載中のコラム「週刊鳥頭ニュース」(平成21年12月17日号)に、作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏が、鳩山民主党政権の暴政ともいうべきたばこ税・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛5番弟子
2010.01.15
やれやれ、またたばこ増税かね

平成21年も暮れようとしている。私にとって今年はまことに腹立たしい一年であった。最も不快なのは禁煙ナチズムの走狗が屯する民主党が政権を獲得したことであった。・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛
2009.12.15
健康的に良いパイプを喫おう!

このサイトで度々指摘されているが、嫌煙・禁煙運動の論調の多くは、膨大な喫煙に関する論文の都合の良い部分のみを取り上げているに過ぎない。・・・

続きを読む
鈴木 達也
2009.12.09
書評 禁煙ファシズムと断固戦う!(小谷野敦著 ベスト新書)

「禁煙ファシズムと戦う会」の小谷野敦会長が、久々に警醒の一冊を世に問うた。小谷野氏は東大構内での一切の禁煙を強制する・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛
2009.10.30
コナン・ドイル生誕150年

伊勢湾台風から50年と聞いて脈絡のないことを思い出した。今年はコナン・ドイル生誕から150年である。・・・

続きを読む
平井 修一
2009.10.21
本当ですか??? 米国癌学会様

日本パイプクラブ連盟から時折、たばこ関連の原稿の寄稿を依頼されるようになって以来、私は、たばこに関する新聞記事や雑誌記事を目の届く範囲で、スクラップ・・・

続きを読む
多言居士
2009.10.05
紫煙が目にしみる(2)

たばこバッシングはすごい。「過ぎたるは及ばざるが如しだから、まあほどほどに。喫煙はひとつの文化だよ」なんていう小生は蛇蝎のごとくに踏んづけられそう・・・

続きを読む
平井 修一
2009.09.29
紫煙が目にしみる(1)

昨年7月から全国津々浦々でタスポが導入されたが、売上げが激減してたばこ屋さんは青息吐息のようだ。・・・

続きを読む
平井 修一
2009.09.09
金正日が禁煙止めたとか!?

北朝鮮の独裁者、金正日が禁煙を止めて、たばこを再び吸いだしたようだというニュースが、しばらく前に外電で・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛
2009.08.21
「禁煙タクシー」に関する大本営発表

先日、毎日新聞の6月5日付けの朝刊社会面に一読した瞬間に「おかしい」と感じた禁煙タクシーを巡る記事が載っていました。どうでもよいつまらない記事ですが・・・

続きを読む
立川修一
2009.07.21
禁煙ファシズムは「復讐」か

私が禁煙ファシズムを批判していると、しばしば、「これまでが喫煙ファシズムだったのだ」という声を目にすることがある。なるほど、古い映画や・・・

続きを読む
小谷野敦
2009.07.01
書評「タバコ狩り」 (平凡社新書、室井 尚著)

およそ、自分の頭できちんと物事を考えられる人間なら、昨今の猖獗を極める嫌煙・禁煙運動に危機感を覚え、「こういう集団狂気が蔓延る文明社会とは・・・

続きを読む
(P)
2009.06.25
駅が全面禁煙だとか、それなら駅でパイプ喫います −その2−

社員の自主性と創意工夫を重んじる伝統のある企業が社員全員に全面禁煙を強制するなど聞いたことがない。まして多種多様の人々が・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛3番弟子+補筆加筆、愛煙幸兵衛
2009.06.15
常識に還れ

日本パイプクラブ連盟から「禁煙ファシズムにもの申す」欄への寄稿依頼を受けて、どういう切り口で書こうかと、つらつら考えていたら・・・

続きを読む
多言居士
2009.05.28
駅が全面禁煙だとか、それなら駅でパイプ喫います −その1−

東京都内にある拙宅の最寄のJRの駅に行ったら、駅員が「JR東日本は4月1日から、首都圏の駅を全面禁煙になりました」とマイクで喚いていた。・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛3番弟子+補筆加筆、愛煙幸兵衛
2009.04.06
「分煙」で仲良くしませんか?

アンデス山中の野生の植物に起源を持つナス科のタバコは、16世紀に喫煙の風習がイングランド、オランダに広まり、17世紀中葉までに中部ヨーロッパ全域に広まった・・・

続きを読む
岡崎渓子:東洋史研究家
2009.03.25
プチブル・ファシズム

神奈川県の松沢知事が検討していた屋内に関する禁煙条例は、毎日新聞で「骨抜き」になったと報道されていたので、そうかと思っていたら、単に全面禁煙でない場所が・・・

続きを読む
小谷野敦
2009.02.24
たばこ嫌いの医者 一考

先日、京浜急行電車の中で気味の悪いポスターを見かけました。横浜市が禁煙を呼び掛けるポスターです。長年の喫煙により肺が茶黒く変色したというおどろおどろしい・・・

続きを読む
愛煙 幸兵衛
2009.02.13
禁煙ファシズムが大麻ビジネスを太らせる(後編)

前編では、昨年7月に首都圏でタスポが導入された後、関東のある大麻売買グループの販売量が倍増したことに触れました。内情に詳しいA氏の証言から・・・

続きを読む
フリーライター 藤倉善郎
2009.02.05
「派遣村」失業者たちの喫煙事情

12月末から1月5日まで東京・日比谷公園に開設された、失業者支援イベント「年越し派遣村」。最終的には約500人の失業者やホームレスが支 援村を利用し、・・・

続きを読む
フリーライター 藤倉善郎
2009.01.14
書評「禁煙にすればするほど煙たくなるニッポン」(山本直治著、扶桑社新書)

たばこ嫌いの著者が、日本パイプクラブ連盟事務局に自ら売り込んできて、連盟のホームページで、書評で取り上げて欲しいとの依頼があった由で・・・

続きを読む
(P)
2009.01.14
禁煙ファシズムが大麻ビジネスを太らせる(前編)

今年11月10日付けの本コラムで、鈴木達也さんが「タバコをとるか?麻薬をとるか?」と題し、「タバコの広告規制が厳しい国ほど、若年層で麻薬使用の増加が顕著・・・

続きを読む
フリーライター 藤倉善郎
2008.12.26
年末年始雑感

二〇〇八年が暮れようとしている。禁煙ファシズムとの戦いが本格化したのは、二〇〇四年ころだから、戦いは五年目を終えて六年目を迎えようとしているが、・・・

続きを読む
小谷野敦
2008.12.26
子供の健全教育って?  ―最終回―

話を元に戻しましょう。私はそういうことを伺っている訳ではありません。私が伺っているのは、校庭で私がパイプタバコを吸っていることが子供にとって良くないとあなたはおっしゃる。「一体全体、何が良くないのですか?」

続きを読む
愛煙幸兵衛一番弟子
2008.12.13
禁煙法をものともしないインド人のおおらかさ

はじめまして。このたび、このコラムの執筆陣に加えていただくことになりました、フリーライターの藤倉です。これまでカルト宗教などの被害問題やチベット問題を取材しています。

続きを読む
フリーライター 藤倉善郎
2008.12.01
タバコ増税に反対しない

近ごろ、タバコを増税して千円にしろなどと、国会あたりで議論されているが、私は、増税反対の署名運動をしているのでと言われたら署名するが、自分から積極的に反対する気はない。

続きを読む
小谷野敦
2008.11.20
タバコをとるか?麻薬をとるか?

このところ毎日のように、いや一日に何件も大麻使用で逮捕される若者が報道される。驚くほど急激に増えているのである。

続きを読む
国際パイプ・アカデミー評議員 鈴木達也
2008.11.10
禁煙ファシスト松沢成文(2)

私は、幕末、明治期の日本の知識人たちが、西洋文明の優れていることを知り、それを移植すべく実にすばやい努力をした、というようなことを、小説やドラマで目にすると、

続きを読む
小谷野敦
2008.11.04
禁煙ファシスト松沢成文(1)

神奈川県知事の松沢成文が、県内の飲食店などを罰則つきで全面禁煙にする条例案を出そうとしており、反対に逢っているという。

続きを読む
小谷野敦
2008.10.15
「数字の一人歩き」一考

10月3日付けの朝刊各紙を読んでいたら、癌の5年生存率をホームページ上で公表という記事が掲載されていた。地域の癌治療の中核を担う全国の32の病院が加盟する「全国がん(成人病)センター協議会」が、

続きを読む
多言居士
2008.10.14
子供の健全教育って?  ―その4―

「パイプ煙草は美味しいなぁ」
拙者はパイプからおもむろに煙を出しながら、ヤクザまがいの教員3人に、にっこりしました。

続きを読む
愛煙幸兵衛一番弟子
2008.10.06
「排除の論理」を捨て喫煙者と非喫煙者の共存を急げ!

「嫌煙権」という言葉があった(最近余り聞かれなくなったので敢えて過去形に),1978年(今から30年前)に「嫌煙権確立を目ざす人びとの会」が提唱したのが始まりで,

続きを読む
吉田里志
2008.09.16
南の島にもはびこる嫌煙ファシスト

この初夏、パイプ仲間を中心に団体で石垣島に遊びに参りました。羽田発で那覇まで空路2時間。那覇から乗り継いで1時間弱で石垣空港へ。

続きを読む
耕雲斎
2008.09.01
矯激な嫌煙者 一考

週刊現代の8月2日号に「嫌煙は権利か ファシズムか」という特集記事が掲載されていたので、購入して読みました。タバコについて15人の人の様々なご意見が幅広く掲載

続きを読む
愛煙幸兵衛
2008.08.21
神奈川県の『ストップ!ザ受動喫煙』にもの申す

オフィスに近い新宿の街を火が点いていないパイプを銜えて歩くと、腕章をした二人組が「喫煙を遠慮ください」とやってくる。警官OBとおぼしき二人組に「なんでイケナイのか?」と聞く。

続きを読む
ジャン・ニコー・コンフレリー(仏)会員  鈴木 達也
2008.08.18
健康増進法がもたらした「喫煙者差別」を懸念

毎年5月31日は「世界禁煙デー」とかで,各地で禁煙講習会や,役所のロビーなどで「喫煙の害」を強調したパネル展などが行われている。その中にはたばこを喫った人

続きを読む
吉田里志
2008.08.18
北京の大気汚染の元凶は?

Wired Science Newsを読んでいたら、今年8月8日に開幕する北京五輪に関連して、北京の深刻な大気汚染状況について触れていました。

続きを読む
Ebenezer von Scrooge
2008.08.04
公認された?余りにもひどい喫煙者の差別

5月末のある日、ショッキングな光景を目にした。とある学校の近くを通った時のこと、校庭のフェンスの外の空き地で、背広を着た一人の男性が、背中を丸めるようにしてたばこを喫っていた。

続きを読む
吉田里志
2008.07.22
タスポの愚行を社会学者の加藤秀俊氏が批判

社会学者の加藤秀俊氏が産経新聞の「正論」欄でタスポの愚行を揶揄しています。

愛煙家の最大の不興と痛憤の中で迎えられた「タスポ」が本年7月から全国に恥ずかしげも無く蔓延することになりました。

続きを読む
多言居士
2008.07.17
子供の健全教育って?  ―その3―

運動服を着た教員らしき男二人と女一人が、拙者目掛けて猛然と駈けて来ます。男の一人はなにやら長い棒を持っています。

続きを読む
愛煙幸兵衛一番弟子
2008.07.09
嫌煙・禁煙運動の行き着く果て

やや旧聞に属する話で恐縮ですが、オンライン版『Nature』(2008年4月9日)に興味深い記事が掲載されていました。科学者の実に20%が向精神薬を常用しているとという衝撃的な記事です。

続きを読む
Ebenezer von Scrooge
2008.07.07
花岡信昭氏のメールマガジン紹介 「タスポと千円タバコと全体主義」

評論家の花岡信昭氏が、ご自身のメールマガジンで、「タスポ」導入の愚行と、「1000円タバコ」問題の根底に流れる全体主義志向を指摘し、深い憂慮の念を表明しておられます。

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
2008.06.23
子供の健全教育って?  ―その2―

「皆でルールを決めたんですから、従ってください」この女教師さん、声がますます甲高くなってきました。

続きを読む
愛煙幸兵衛一番弟子
2008.06.10
タスポへの疑問と批判

「未成年者がタバコの自動販売機でタバコを購入できなくする」というお題目で、成人識別カード「タスポ」なるものが鳴り物入りで導入されようとしています。

続きを読む
多言居士
2008.05.12
子供の健全教育って?  ―その1―

素行の悪い愚息と愚娘が通っている小学校での、昨年秋の授業参観の時の騒動話です。 土曜日の昼前、居間で、のんびりパイプを吹かしていたら、

続きを読む
愛煙幸兵衛一番弟子
2008.05.09
「禁煙強制タクシー」崩れ始める

まず大分から全国各地に拡がった暴挙、利用客に問答無用で禁煙を強制する傲慢なタクシー、即ち「禁煙タクシー」が早くも各地で綻びをみせているそうです。

続きを読む
愛煙幸兵衛
2008.04.04
良識派の見識

老舗週刊誌のサンデー毎日に相次いで、最近の行き過ぎたタバコ狩り、健康ファシズムの風潮を憂慮するコラム記事が相次いで3本掲載されました。

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
2008.03.08
快著紹介「タバコは神様の贈り物」

医学博士橋内 章氏の新著が久々に上梓されました。「タバコは神様の贈り物」(真興交易(株)医書出版部、1575円)です。早速、一読しましたが、

続きを読む
愛煙幸兵衛
2008.02.18
文学者小谷野敦の禁煙ファシズム裁判記 2

その後、厚生労働省の基準値なるものは、ガイドラインとして公表されていることが分かった。

続きを読む
小谷野敦
2008.02.04
嫌煙クレーマー

正月明けに、高校時代の親しかったクラスメイトが、ひょっこり訪ねてきた。彼は私のオフィスの近くの某名門ホテルの営業担当の支配人になっているが、・・・・・

続きを読む
伊達 国重
2008.01.29
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム裁判記 1

私は、二〇〇六年一月から、禁煙ファシズムとの戦いとして二度の法廷闘争を行った。・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2008.01.25
ファシズム、ナチズム、本場はさすがだなぁ!!!

正月のNHKの海外事情紹介番組を見ていたら、イタリアで飲食店など建物内での全面禁煙法が成立して施行された、という報道が流れていた。・・・・・

続きを読む
多言居士
2008.01.16
またまた禁煙ナチスさんの我が儘勝手の妄言

拙者の師匠格の愛煙幸兵衛さんに指示されて、年末に投稿した駄文「勘違い婆さん、爺さん」が日本パイプクラブ連盟のホームページに掲載されて、・・・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛 一番弟子
2008.01.12
某公的研究所の禁煙強制について

私は日本の、とある公的な○○○○研究所(※註)に勤めているポスドク(PD)研究員で、数理物理学を専門としております。・・・・・

続きを読む
Ebenezer von Scrooge
2008.01.08
勘違い婆さん、爺さん

先日、こんなことがあった。
愚生は戸数100戸程度の中規模の集合住宅に住んでいるが、所用があり、外出するのに、いつものようにパイプを咥えて出かけた。・・・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛  一番弟子
2007.12.26
喫煙者の配偶者の肺腺癌罹病率は2倍?

NHKが厚労省の発表として「喫煙者の配偶者は非喫煙のそれに比べて、肺腺癌の罹病率が2倍である。」とするニュースを・・・・・

続きを読む
鈴木 達也
2007.12.14
ポケットに煙草(4)―匂いについて(タバコの魅力)―

「煙草」と書けばすぐ「煙」をイメージする人もいようが、タバコ(特にパイプタバコ)の本質はその「匂い」にあるのではないかと思う。・・・・・

続きを読む
信州煙仙人(哲学者)
2007.12.10
喫煙者も声を挙げよう

“愛煙幸兵衛“氏の「喫煙タクシー」が掲載された。神奈川県在住の筆者はタクシーの全面禁煙開始日に、自宅から新横浜駅までタクシーを利用した。運転手は・・・・・

続きを読む
鈴木 達也
2007.12.06
「喫煙タクシー」登場とか。当然の話ですな。

先般、大分に行ったら、大分駅前で客待ちのタクシー全部が愚劣にも「禁煙タクシー」とやらになっていました。・・・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛
2007.12.06
「受動喫煙は子供の発癌率を低下させる」

貯まりに貯まったパイプ関係の新聞・雑誌の切り抜きをスクラップ帳に整理していたら、昨年、スクラップした雑誌の記事が・・・・・

続きを読む
多言居士
2007.12.03
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第12回

「毎日新聞」への公開質問状
禁煙ファシズム記事が比較的少ないというので、私は二年ほど前から毎日新聞・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.11.15
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第11回

先日、「東京モーターショー」とかいうものが開かれたらしい。私は自動車には何の興味もないので詳しいことは知らないが、自動車のファッションショーのようなものだろう。・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.11.01
ポケットに煙草(3)―寛容について―

「俺は横綱だ」といった傍若無人の振る舞いで風を切っていた朝青龍が不祥事でシッポを巻いてモンゴルにトンズラした。・・・・・

続きを読む
信州煙仙人(哲学者)
2007.10.23
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第10回

「毎日新聞」で、医師・中川恵一氏のコラム連載が始まったのには瞠目させられた。 中川氏はガンの放射線治療の専門家として知られ・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.10.17
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第9回

安倍内閣が改造されたと思ったら、たちまち総理は辞職、へヴィースモーカーの麻生太郎が総理になるのかと期待したのも僅か・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.10.01
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第8回

二年ほど前、書店で『健康という病』という新書判がふと目に入った。米山公啓という人が書いている。医師で、著書も多い人らしい。・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.09.20
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第7回

私は最近、さんざん毎日新聞の記事を叩いているが、それは毎日新聞をとっているからで、というのは毎日がいちばん禁煙ファシズムが緩いから・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.08.30
ポケットに煙草(2)―新しい道徳の誕生―

今朝おきて朝刊を開くと【欽ちゃんマラソン「医学的に非常識」】【愛煙家・66歳・猛暑】【禁煙学会が待った】という見出しの記事が目に入った。・・・・・

続きを読む
信州煙仙人(哲学者)
2007.08.24
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第6回

7月24日付けの読売新聞朝刊で、「日本学術会議」が「脱たばこ社会」の提言をまとめ、来年9月までに政府に提言する、と報道された。・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.08.09
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第5回

最近、敷地内を禁煙にしてしまう病院が増えている。実に困ったことだ。

病院なのだから・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.07.30
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第4回

今年の二月、妙なニュースがあった。神奈川県で、喫煙規制の条例を作ることに賛成か反対か・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.07.11
ポケットに煙草(1)―分煙から排煙へ―

 僕のポケットにはいつも喫煙道具一式が入っている。紙巻ではなくパイプ煙草なのでいろいろな道具が必要なのである。・・・・・

続きを読む
信州煙仙人(哲学者)
2007.07.06
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第3回

 少しは、「よくない喫煙者」の話でもしたいのだが、禁煙ファシズムの動きが次から次へと出て、しかも新聞が後押しをするものだから、そうもいかない。・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.06.27
肺癌に罹(かか)りたくなかったら、タバコを喫おう!

新宿で個人タクシーに乗り込んだときのことである。確かに禁煙マークは掲げてあったが、くわえたパイプに火は点いていないので乗り込んだ。・・・・・

続きを読む
鈴木 達也
2007.06.20
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第2回

 「過ぎたるはなお及ばざるが如し」という言葉がある。現在の禁煙ファシズムは、まさにこの言葉がぴったり当てはまるだろう。・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.06.12
文学者 小谷野敦の禁煙ファシズム闘争記 第1回

四月の後半、私はTBSラジオの午後の番組に電話出演した。
荒川強啓というパーソナリティが司会する番組で、ちょうどその日の朝日新聞と読売新聞の朝刊に、たばこを吸っている人の寿命がどうとか・・・・・・

続きを読む
小谷野敦
2007.05
アメリカ禁煙事情

パイプによる喫煙や機械巻きのシガレットも、禁煙・嫌煙運動も、そして近年の葉巻ブームも、その発祥はみなアメリカである。

続きを読む
鈴木 達也
2007.01.20
5月31日の「世界禁煙デー」とやらに寄せて

5月31日は世界保険機構(WHO)が勝手に決めた「世界禁煙デー」だそうである。 まことに以て「余計なお世話デー」だ。

続きを読む
多言居士
2007.05
「単純思考中毒」の危うさ

先般、某新聞の夕刊コラムに、東京都の老人病専門の偉いお医者さんが「煙草中毒・煙草病の廃絶を」という題で、「煙草中毒や煙草病などのないクリーンな世の中に向けて、もう少しみんなで頑張ろう」という趣旨の寄稿をされていた。

続きを読む
愛煙幸兵衛
2007.04.01
金小日さんとアドルフ・ヒトラー

英国の経済雑誌「エコノミスト」2007年2月3日号を斜め読みしていたら、北朝鮮の金正日総書記が、パソコンを使えない人をヘビースモーカー、歌が下手な人とともに「21世紀の3大バカ」と表現した、というコラムを載せている。

続きを読む
多言居士
2007.02
JR東日本の奇怪な全面禁煙強制

JR東日本の電車のつり革広告を見て唖然とした方々も多いはずである。
3月18日から、特急などの長距離列車の喫煙者を問答無用で廃止するという告知である。

続きを読む
愛煙幸兵衛
2007.02