パイプの愉しみ方

パイプの愉しみ方

第10回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その5)

ご報告
2017年(平成29年)2月20日の第10回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第10回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その4)

ご報告
2017年(平成29年)2月20日の第10回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第10回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その3)

ご報告
2017年(平成29年)2月20日の第10回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第10回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その2)

ご報告
2017年(平成29年)2月20日の第10回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第10回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その1)

ご報告
2017年(平成29年)2月20日の第10回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第5回 東京パイプショー開催報告

去る12月4日、東京パイプショー2016(主催・東京パイプショー実行委員会、後援・日本パイプクラブ連盟/PCJ)が、JR新橋駅前のニュー新橋ビル地下2階の会場で開催されました。東京パイプショーは冬のひと時をパイプを燻らせながら、パイプスモーカーが親睦・交流を深める冬の恒例行事で、今年で5回目となります。・・

続きを読む
東京パイプショー実行委員会

日本パイプスモーカーズクラブ2016年次総会・忘年パーティ

日本パイプスモーカーズクラブ(以下JPSC)は12月3日(土)午後に恒例の年次総会・忘年パーティを銀座8丁目の中華料理店・「江南春」にて開催した。
JPSCは1967年(昭和42年)4月26日に創立され、今年は創立49周年に当たる。JPSCは毎月第3火曜日に例会を銀座のサロン・ド・ジュリエで開催し・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

大煙会2016 開催報告

愛煙家による愛煙家のためのたばこイベント 「大煙会2016」が、東銀座・サロンドジュリエにて7月3日に開催されました。今年も多くのスモーカーが来場して大盛況のうちに無事終了しました。出展参加の皆さんやボランティアスタッフ、300人近い来場者の方のおかげです。この場をお借りしてお礼申し上げます。・・

続きを読む
大煙会実行委員会

「スーパー百歳」が実践する健康法

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)の最年長会員の関口一郎さん(102歳)が、月刊誌文藝春秋の平成28年6月号「特集 百歳まで生きる」で紹介されました。(株)文藝春秋のご厚意により、記事の一部を転載致します。
筆者は、JPSCの会員でライターの伊田欣司氏です。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

パイプの世界の超人・関口一郎氏、満102歳の誕生祝い開かる

パイプの世界の超人・関口一郎氏の満102歳の誕生祝いが、このほど銀座で開催された。当日は本業のコーヒー店の経営者、業界関係者、ランブルの顧客、関口さんの趣味の世界の、トローリングの関係者とパイプの世界からは鈴木パイプクラブ連盟名誉会長、梶浦連盟会長、青羽常任理事が出席した。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第9回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その4)

ご報告

2016年(平成28年)2月20日の第9回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・
続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第9回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その3)

ご報告

2016年(平成28年)2月20日の第9回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・
続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第9回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その2)

ご報告

2016年(平成28年)2月20日の第9回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・
続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第9回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その1)

ご報告

2016年(平成28年)2月20日の第9回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・
続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第4回 東京パイプショー開催報告

過日(12月6日)開催された第4回東京パイプショー(主催・東京パイプショー実行委員会・実行委員長ピエール塩沢、後援・日本パイプクラブ連盟)の結果を報告します。・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

私の愛用パイプを紹介します。

これら5本のパイプは、各々ブライヤーよし、手持ち感よし、味わいよし、パイプ自体のスタイルよし、の点でたいへんに気に入っております。・・

続きを読む
山本浩史

パイプを愛する皆様への私信 全日本パイプ選手権参加にあたって

私見ですが、スモーキング・パイプの世界には、三つの「王道」があります。

その一、豪奢な蒐集の世界であり、必ずしも1970年代・デンマーク・ハンドメイドに代表される「ブランド志向」だけではなく、一八世紀中葉、王侯貴族の社会的地位が・・・
続きを読む
山本浩史

スモーカー必見!映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』

ひと昔前までは、映画だろうがテレビだろうが、成人男性の喫煙シーンは当たり前だったのに、最近、さっぱり見かけなくなりました。『パイプ随筆』を編集した青羽芳裕氏も「たばこを取り上げてくれるメディアがほとんどなくなって、少し悲しくなった」と発刊理由を述べていらっしゃいます。・・・

続きを読む
植草 羊
大煙会2015 開催報告

愛煙家による愛煙家のためのタバコイベント「大煙会2015」(http://ameblo.jp/bigsmoke-japan/)が、東銀座・カフェジュリエにて7月5日に開催されました。今年も多くのスモーカーが来場し大盛況のうちに無事終了しました。・・・

続きを読む
大煙会実行委員会
ギリシャ人スモーカーとの交流

ギリシャのパイプクラブのメンバーAndreas Tsironisさんが来日しました。事前に連盟に旅行中にぜひ、日本のパイプクラブのメンバーと一緒にパイプを喫いたいとの希望が寄せられました。・・・

続きを読む
青羽芳裕
宮城パイプスモーカーズクラブ設立総会

3月21日に「宮城パイプスモーカーズクラブ(会長佐々木嘉弘氏)」の設立総会が仙台市で開催された。まず設立総会議案書に基づき、活動目的、キャッチフレーズ、活動内容、役員、会員名簿、2015年度事業計画、クラブカードの制作、予算、宮城パイプスモーカーズクラブ会員規約の説明があり、承認され、新クラブが発足した。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
第8回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その1)

2015年(平成27年)2月20日の第8回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
読煙子に寄す― 青羽芳裕編「パイプ随筆」を読んで ―

練達のスモーカーにして煙草道の蘊奥を極めたと目される編者が、古今東西のパイプ知識を詰め込んだ一冊を編んだ。・・・

続きを読む
丹波作造
2014年世界パイプ・スモーキングコンテスト参加旅行9日間体験レポート(後編)

出ました、ケルンの大聖堂。

到着した日はケルン観光を楽しみました。・・・

続きを読む
ジョンシルバーパイプクラブ 植草 羊
2014年世界パイプ・スモーキングコンテスト参加旅行9日間体験レポート(前編)

去る10月8日から16日までの9日間、世界選手権に合わせ、ヨーロッパツアーが敢行されました。主催は柘製作所。となれば、当然、柘恭三郎社長の世界に・・・

続きを読む
ジョンシルバーパイプクラブ 植草 羊
「Alfred Dunhill社のパイプに関する統括責任者、Kalmon S. Hener氏を囲む懇談会

日本で圧倒的にフアンの多いDunhillパイプがあの「ホワイトスポット」をトレードマークにして・・・

続きを読む
梶浦 恭生(PCJ会長、パイプ大全第6章執筆者)
「アンネ・ユリアさん、マンデュエラさんが静岡パイプクラブにやってきた!!」平成25年10月30日(水曜日)19:00〜

デンマークの映画製作でアンネさん、マンデュエラさんの二人の女流作家が来日し、世界遺産となったMt.富士を眺めて、静岡PCのパイプ仲間と語らう。そんなプランを・・・

続きを読む
静岡パイプクラブ事務局長 西村幸彦
大煙会2014 開催報告

愛煙家による愛煙家のためのタバコイベント「大煙会2014」が7月6日に東銀座・カフェジュリエにて開催され、多くの来場者で大盛況のうちに無事終了しました。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ
JPSC旅行会2014報告 「銚子電鉄で行く、丸い地球を感じる旅」
JPSC恒例の旅行会は6月29日・30日に行いました。
JPSCの旅行会は昔から恒例になっております。当初の会員には山岳家も多く、山間部のひなびた温泉等でのパイプ三昧が多かったのですが、・・・
続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ
池田山下フィールドビレッジパイプスモーキングクラブの近況紹介

池田山下フィールドビレッジパイプスモーキングクラブ(池田山下FVPSC)は平成20年に日本パイプクラブ連盟に加盟した比較的若いクラブですが、今年度に大幅な会員の増加がありました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
世界からIPSDの写真が届きました。

世界各国のパイプクラブより、日本パイプクラブ連盟に2014年2月20日の国際パイプスモーキングの日(IPSD)に、IPSDを祝賀した写真が届きましたので、ここにご紹介します。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第7回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その2)

各クラブからPCJに届い

た写真とコメントを掲載いたします。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第7回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その1)

2014年(平成26年)2月20日の第7回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催に ・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
西東京煙管愛好者倶楽部 国際パイプスモーキングの日記念行事「パイプフェスタin府中」活動報告

東京都府中市にて、パイプの参考展示・即売、記念講演及びオークションを軸としたフェスティバル、「パイプフェスタin府中」を開催しました。 ・・・

続きを読む
西東京煙管愛好者倶楽部
不思議なパイプ煙草「震電」

私のパイプ煙草コレクションに、不思議なというべきか、珍しい図柄のものがある。

西暦2006年のチェコ・マリアーンスケ・ラーズニェ(旧ドイツ領マリエンバド)で開催・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
凸乎将亦凹乎

沢蟹の美味しい食べ方といえば居酒屋の唐揚げと思われがちだが、それとは天地ほど違う贅沢な料理法がある。バケツ一杯の沢蟹を用意したら、臼で撞きその結果を煮立った大鍋に注ぐ。・・・

続きを読む
丹波 作造

「50にして煙を知る」第40回「第40回記念選手権大会参戦記 平成13年10月6日

日本パイプ連盟が主催する全日本パイプスモーキング選手権大会第40回記念大会が6日、東京・浅草のホテルで開催され、参加した。 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人

万物是填圧棒也

人も殺すが生かす道具にもなる。刀、箸、煙管、天秤棒、釣瓶の縄、釣竿、櫓、果ては××××迄演じるのが落語の扇子だが、タンパーに使うとは・・・

続きを読む
丹波 作造

50にして煙を知る 39回「売れてます『晋ちゃんライター』

参院選が終った。自民党が大勝した。3年に1回巡ってくる夏の恒例行事であるが、今回は暮れの衆院総選挙、6月の東京都議会選と続いた政治決戦の締めくくり的な意味もあったが、まあ順当な結果であろう。 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人
映画「終戦のエンペラー」とパイプ

7月27日に松竹系で全国一斉公開される「終戦のエンペラー」(原題Emperor)の試写会に、パイプのご縁で招待された。・・・

続きを読む
P
映画「終戦のエンペラー」とパイプ

7月27日に松竹系で全国一斉公開される「終戦のエンペラー」(原題Emperor)の試写会に、パイプのご縁で招待された。・・・

続きを読む
P
やんばるパイプ旅行記

五月のある日、愛煙幸兵衛先生から「翡翠葛(ヒスイカズラ)を観に行こう」と突然、お誘いの電話があった。「水戸の植物園ですか?」と尋ねたら・・・

続きを読む
愛煙幸兵衛2番弟子
煙道縦横

先日、丁抹(デンマーク)遠来のパイプ煙草ブレンダーの話を聞く機会が在り、妻と離婚する最も簡単な方法等興味深い話題が満載であった。・・・

続きを読む
丹波作造
多摩川河川敷でバーベキュー

5月のGW連休中、ふと、思い立って、恐らくどこにも行かずに家で無聊を囲っていそうなパイプ仲間に、「バーベキューにでも行かないか」と声をかけたら・・・

続きを読む
P
JPSC四月特別例会 マックバレン社チーフブレンダー勉強会

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC、関口一郎代表世話人、東京・銀座を拠点に活動)は、4月23日夕、東京・東銀座の喫茶店カフェ・ジュリエで4月特別例会を開催・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
そのタンパー危険につき

湯豆腐が美味いと言い出すのは人間かなり薹が立ってからだが、とりあえず火と刃物を使いこなすのが大人になった印である。・・・

続きを読む
丹波作造
第6回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告(その2)

2013年(平成25年)2月20日の第6回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

50にして煙を知る 第38回 「もう一人の太郎さんと葉巻」

政界には麻生太郎さんだけでなく、河野太郎さんという代議士がいる。河野洋平元衆院議長の息子さんで、選挙区は麻生さんの祖父・吉田茂の住んでいた神奈川県・大磯、平塚、茅ヶ崎である。 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人
第6回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告

2013年(平成25年)2月20日の第6回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
西東京煙管愛好者倶楽部 国際パイプスモーキングの日記念行事
「パイプフェスタin府中」活動報告

東京都府中市にて、パイプの参考展示・即売、タイムトライアル、記念講演及びオークションを軸としたフェスティバル、「パイプフェスタin府中」を開催しました。・・・

続きを読む
西東京煙管愛好者倶楽部

タンパー・エボリューション

ペースメーカー、高級機械式時計、その他精密裝置を装用する方は近付かないでください。鉄鋼製品を所持している方も、飛び出ないよう御注意ください。

リニアモーターカーの試運転ではない、・・・

続きを読む
丹波作造

50にして煙を知る 第37回 「葉巻王子 永田町復権の巻」

64年ぶりかあ

年末に総選挙―政権交代があったため、永田町・霞ヶ関は年末年始休暇返上で、動いていた。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人

磁気燃焼装置

地球に生まれ大気を呼吸し続けてこのかた、その成分中の酸素が常磁性、窒素が反磁性を示すという衝撃の事実を知らないで過ごしてきた。・・・

続きを読む
丹波作造

異母兄弟?

「丹波さん、パイプも造るんですか?」 最近誤解が多いようなので一言する。確かに行方不明の父が南方で目撃されたという噂はあるが・・・

続きを読む
丹波作造

50にして煙を知る 第36回JPSC 今年の総会風景からみえたもの

成績上げよう!

師走1日、今年、創立45周年を迎えたJPSC・年次総会が銀座の中華料理店で開かれた。

・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人

関口一郎氏寄稿ならびにJPSC創立45周年略史

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)の関口一郎代表世話人の白寿とJPSC創立45周年を祝賀する会が11月10日に東京・内幸町のエスカイヤクラブ日比谷店で開催されました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

JPSC関口一郎代表世話人白寿及び創立45周年祝賀会を開催

日本パイプスモーカーズクラブ 関口一郎代表世話人白寿の会及び45周年パーティを11月10日、エスカイヤクラブ日比谷店で開催しました。

白寿のお祝いとは数えで99歳(満では98歳)を迎えた・・・

続きを読む
青羽

秋の扇

今年は殊の外秋の訪れが急である。

初夏の頃、とある駅頭で扇子問屋の前を通った。その辺りの扇子問屋で昔、矢鱈派手な青海波の扇を買おうとして、踊りの師匠の認め状が無い者には売れないと・・・

続きを読む
丹波作造

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −18−

――JPSCと日本専売公社の関係は、当初は、結構、緊張感があるものだったようですね。
後に総裁に昇格した泉美之松さんが副総裁だった頃のことだと思うけど、・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −17−

昭和47年にJPSCの創立5周年記念事業として銀座東急ホテルで「全日本パイプスモーキングコンテスト」を主催しました。競技参加者は60名。僕は受付係を・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −16−

JPSCはこの頃には会員数がどんどん増えて70人を超え、100名を突破するのではないかという勢いになった。その頃、シガレットを喫うと肺癌になるという話をマスコミ・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −15−

――JPSCの草創期はどういう状況でしたか?
本保さんという方が京浜急行電鉄宣伝部に務めていたが、退職後に日本プランニングと言う会社を銀座7丁目の出雲ビルに作って、最初はそこで例会をやった。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −14−

ランブルの店では、僕はパイプを喫っていた。朝鮮戦争が昭和25年に始まったが、店のお客さんでパイプを喫う共同通信の記者が朝鮮戦争を取材に出かけるという。パイプはごろごろして持ち運びに困るというので、・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −13−

――映写機の仕事が、コーヒー屋になった経緯は?
当時、(映写機販売先の情報を売って)鞘取りをして稼ぐ口利き屋が、客として僕らの会社に出入りしていた。僕がサービスにコーヒーを出していた。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −12−

――戦後、復員なさったのはいつですか?
昭和20年の9月には復員した。後楽園から浅草に復員だから、簡単なものです。家は空襲で焼けたが、家族の誰も被害を受けていなかった。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −11−

兵隊の生活は面白い。(昨年、)「最高齢プロフェッショナルの教え」(徳間書店、1470円)という本が出た。僕を含めてその分野の最高齢の色んな人が書いている、若い人へのアドヴァイスの本です。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −10−

兵舎の慰問の映画は、最初のうちは日本のニュース映画をやっていました。そのうちにニュース映画とニュース映画の間に、ディズニーの短編映画、5分から10分くらいの短い映画を入れた。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −9−

軍隊の事務の仕事では、隊長の命令の下書きなど全部やりました。士官候補生の試験を受けろと言われたが、(合格すると)見習い士官になれるが、兵隊も階級が上がって下士官、将校になると兵役の年限が長くなるので、断って受けなかった。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −8−

――大学を卒業して就職なさったのですか?
理東宝映画が出来ようとしていた時だった。そこの録音関係の仕事をしてくれないかという話が来ていたが、まだ会社が出来ていない。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −7−

僕は家でパイプを喫っていましたが、誰も何も言わなかった。家族から「良い香りだね」と言われました。その時分のパイプたばこは香りが良かった。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

時間遡行装置

タイムマシーンが実用化したならば、どの時代に行ってみよう。

「着火時に戻ってもう少し深く着火すれば、まだ消えていない。」・・・

続きを読む
丹波作造

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −6−

――小学生の頃はどんな少年でしたか?
理科に興味を持ち、誠文堂新光社が出版している子供の科学を読み始めました。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

リラクセーション装置

流行しているという手巻きタバコの葉を貰った。いちいち手で巻くのは面倒臭くて閉口する。普通のパイプではボウルが焦げそうな細かい刻みなので、キセルが ・・・

続きを読む
丹波作造

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −5−

――(旧制)中学校はどちらですか?
本郷の郁文館です。その頃からたばこを喫い始めた。職人の家だし、皆、職人が煙管(きせる)でたばこを喫っていた。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −4−

――歌舞伎に盲長屋梅加賀鳶と言う加賀鳶を主人公にした演目があり、この主人公が関口藤左衛門・松蔵と言う名前です。関口さんのご先祖と何か関係がある・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −3−

大震災の当時、朝鮮人虐殺事件というのが起きて、今でも尾を引いているようだから、あの真相を話しておきたい。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

JPSC旅行会 初夏の小江戸、川越を楽しむ

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)は、6月2,3の両日、旅行会を開催し、埼玉県川越市を訪れた。・・・

続きを読む
JPSC事務局

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −2−

僕の家が焼けたのは地震から3日目です。上野の山から浅草の自分の家が焼けるのが、見えていました。浅草の観音様は、大震災の時は焼けないで残ったが、・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

関口一郎 パイプと吾が人生を語る −1−

日本のパイプスモーカーの最長老である関口一郎氏が、今年、平成24年5月26日に満98歳の誕生日を迎えられました。・・・

続きを読む
日本パイプスモーカーズクラブ

不老装置

パイプスモーカーは年を取らない。
紫煙に世の憂さを忘れていると、歳を重ねるのも忘れるものらしい。 ・・・

続きを読む
丹波作造

危険な臭いがする喫煙者排斥運動

世の中、何処も彼処も禁煙スペースばかりである。全席禁煙の居酒屋まで登場しているほどだ。愛煙家にとって随分と住み難い時代になった。 ・・・

続きを読む
拓殖大学海外事情研究所准教授 丹羽 文生

流体装置

価格、ブランド、バランス、グレイン、果ては咥え心地と人それぞれだが、横から見たシルエットがパイプ選びの重要ポイントであるというスモーカーは少なくないだろう。 ・・・

続きを読む
丹波作造

「50にして煙を知る」第35回 「豊かさと文化を考える」

茨城県笠間市の稲田――と聞いても、近隣の人にしかわからないだろう。私も初めてだ。 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人

チャフィング装置

次の三つの地名に共通する事項は何かお判りだろうか。
サラミス
プレヴェザ
ラタキア
・・・

続きを読む
丹波作造

「50にして煙を知る」第34回 生涯一記者を体現した井上義啓さん ―ペンと紫煙、昭和プロレスの凄み―

日本の春は別れと出会いの季節である。半月の間に卒業式、入学式と続く。学校の秋季入学が実現すれば、そういう意識も変わるのだろうか。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人

加湿装置

アイデアに困った時のウィキペディアということで“難読漢字”で探してみると、
黄蜀葵(とろろ) 鹿尾菜(ひじき) ... といった所帯染みた単語が並んでいる・・・

続きを読む
丹波作造

―紫煙と文士たち― 林忠彦写真展 たばこと塩の博物館

東京・青山に行く用事があったので、帰途、渋谷のたばこと塩の博物館で開催中の林忠彦写真展 〜紫煙と文士たち〜を覗いてみた。・・・

続きを読む
伊達 国重

第5回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その2>

第5回国際パイプスモーキングの日(IPSD=2012年2月20日)を記念して、今年も日本各地でパイプ愛煙家が集い、喫煙の自由をアピールするとともに世界平和を祈念しました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

第5回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その1>

第5回国際パイプスモーキングの日(IPSD=2012年2月20日)を記念して、今年も日本各地でパイプ愛煙家が集い、喫煙の自由をアピールするとともに世界平和を祈念しました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局

国際パイプスモーキングの日記念行事
西東京煙管愛好者倶楽部主催「パイプフェスタ八王子」の活動報告並びに御礼

2012年2月19日、東京都八王子市にて、パイプの参考展示・即売、記念講演及びオークションを軸としたフェスティバル、「パイプフェスタ八王子」を開催しました。・・・

続きを読む
西東京煙管愛好者倶楽部
書評「煙管・パイプ・手巻きたばこ」

手軽なシガレット(紙巻たばこ)を卒業して、そろそろ正真正銘の愛煙家になりたいという志を持つ方々に、格好の手引書である。 ・・・

続きを読む
イネ目イネ科タケ亜科

植物は地中の種々の成分を成長過程で吸収し、その各部位を形成する。イネ科の植物では珪酸化合物を取り込んでガラス質の鱗片を籾殻の周囲に形成し、 ・・・

続きを読む
丹波 作造
JPSC 2011年次総会・忘年パーティー

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)は11月26日(土)午後4時過ぎから東京・東銀座の喫茶店カフェ・ジュリエで年次総会と忘年パーティーを開催した。 ・・・

続きを読む
JPSC事務局
「50にして煙を知る」第33回 JPSC総会開催される

「紫煙の彼方に」―菅野邦彦さんのピアノ
東日本大震災、外川さんの急逝、首相交代、目を転ずれば欧州恐慌、タイ大洪水、日本も世界も2011年は、色々な意味で記憶に残る年であった。 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人
「50にして煙を知る」第32回 MOKABLE永田町4〜政界最新喫煙事情

「たばこ増税反対全国集会」
10月19、20日の2日間、自民党本部ビルでは全国たばこ販売政治連盟が「たばこ増税反対全国集会」を開いていた。業界・団体は与党に傾斜するものだが、・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人
50にして煙を知る 第31回 播磨で出遭った昭和の佇まい

播州・姫路もそろそろ晩秋の色合いが濃くなった。先日、姫路在住の親しい先輩に誘われ、はるばる当地まで遠征し、会合に出席した。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授  小枝義人
力より熱が大事と思いたい

参加が叶わなかった函館パイプスモーキング大会の情報を取るためフェースブックを閲覧していると、ある参加者が道内の珍酒圭肴を食べ尽くしそうな勢い・・・

続きを読む
丹波 作造
Facebookとコムコブの話

今年の初めにソーシャルネットワーク(SNS)のfacebookに入会した。アメリカに駐在していた息子と連絡をとるのが便利であったためである。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局長 梶浦恭生
一本のパイプ BARLING’S MAKE“YE OLDE WOOD”

ブライヤーパイプでは老舗メーカーであるバーリング。1912年にブライヤーにスターリングシルバーの飾りをマウントしたのがパイプにかかわった始まり。・・・

続きを読む
 柘 恭三郎
『50にして煙を知る』第30回 SMOKABLE永田町3〜花岡信昭さんの人生作法

夏、それは戦後のわが国にとって鎮魂の季節であり、お盆では新たに逝った人々の不在に、深い喪失感を覚える――。・・・

続きを読む
 千葉科学大薬学部教授  小枝義人
世界一大きいブルドック

フランスはパリにあるパイプ専門店AU CAID。
この店のディディエさんが喫っておられるパイプは本物のブライヤーを使ったブルドック型パイプ。・・・

続きを読む
柘 恭三郎
JPSC 外川広洋さん追悼特別例会

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)は、6月21日夜、東京・銀座のカフェジュリエを借り切って、故外川広洋さんを追悼する特別例会を開催した。・・・

続きを読む
JPSC事務局
JPSC旅行会

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)は、6月4、5の両日、恒例の初夏の旅行会を催した。・・・

続きを読む
JPSC事務局
『50にして煙を知る』第29回 SMOKABL永田町2〜懐深き政治家とタバコの味わい

「おめでたいことですから」―昭和60年秋、阪神タイガース、21年ぶりのリーグ優勝に日本中が沸いた。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
諜報戦あるいはインテリジェンスについて

「放射能は健康に害があるかも知れないが、タバコに較べれば取るに足らない」は、主題を矮小化し副題で不確かな事実を心のうちに・・・

続きを読む
丹波作造
初心者、新春オークション参戦記

「50にして煙を知る」の執筆者である小枝先生にパイプの手ほどきを受けてから、時間と心に余裕があればパイプ煙草を吸っている。・・・

続きを読む
千葉科学大学薬学部助教 福井貴史
第4回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その5>

昨年は神戸北野町の異人館英国館で特別ゲストの柘氏も参加いただき大いにパイプスモーキングを愉しみました。。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
『50にして煙を知る』第28回 SMOKABLE永田町

昨年夏、新装なった衆参議員会館が完成して以来、ぱったり永田町から足が遠のいた。個人的に「この無機質なビルは重厚な大理石の議事堂の相方として、ちっとも・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
第4回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その4>

パイプ愛好家グループの広島市のなかみちさんらからも、国際パイプスモーキングの日(IPSD)にパイプ仲間で、IPSDを祝ったとの嬉しいお便りがありました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
CIPCのホームページに世界選手権大会の模様が掲載されています

国際パイプクラブ委員会(CIPC、本部パリ)のホームページに、昨年10月10日にポルトガルのエストリルで開催したパイプスモーキング世界選手権大会の模様が・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
メキシコからもIPSDの写真が届きました

2月20日の国際パイプスモーキングの日(IPSD)の模様がメキシコパイプクラブ連盟から日本パイプクラブ連盟に英語、仏語、西語のメッセージ付きで・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
第4回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その3>

第4回IPSDにちなみ、今年も日本各地でパイプ愛煙家が集い、世界平和を祈念しました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
国際パイプスモーキングの日、アメリカからも写真が届きました。
第4回国際パイプスモーキングの日(IPSD)の2011年2月20日、世界のパイプ仲間が喫煙会などを催して、IPSDを祝いました。・・・ 続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
西東京煙管愛好者倶楽部 
国際パイプスモーキングの日記念行事「パイプフェスタ八王子」活動報告

東京都八王子市にて、パイプの参考展示・即売、タイムトライアル及びオークションを軸としたフェスティバル、「パイプフェスタ八王子」を開催しました。・・・

続きを読む
西東京煙管愛好者倶楽部
第4回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その2>

千葉パイプクラブは、2月の例会を19日に開催し、IPSDを一足早く(全世界で一番早く)祝いました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
第4回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その1>

東京ではIPSDの2月20日、西東京煙管愛好家倶楽部の主催で八王子市内のホテルで朝10時からパイプフェスタが開催され、多くのパイプ愛好家が詰め掛けて賑わいました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
禁忌あるいはタブーについて

学校に通っていたころ、“来週の地理は近畿をやる”と告げられて胸がときめいた経験はないだろうか。成人してから居酒屋で、“おやじーっ、キンキ一丁”という声の・・・

続きを読む
丹波 作造
水戸JCブライヤーズクラブの鮟鱇鍋例会参加記

早春の2月12日の土曜日。水戸JCブライヤーズクラブからご案内を頂き、同クラブ主催の恒例の2月の鮟鱇鍋例会に参加させて頂きました。・・・

続きを読む
JPSC PM生
パイプに惚れて 2

――昭和51年11月に第3回の世界プスモーキング選手権大会が東京の帝国ホテルで開催され、見事にレディース部門で優勝なさいましたね。・・・

続きを読む
市川澪
「50にして煙を知る」第27回  出合い頭だよ 人生は

「灯台下暗し」とはこのことだ。奉職先で、大型新人を発見した。
33歳の若き研究者、福井貴史氏は免疫・微生物学の将来を担う逸材。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプに惚れて 1

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC、関口一郎代表世話人)は、我が国の婦人パイプスモーカーの草分け的な存在である市川澪さんに、平成22年12月の第44回年次総会で「JPSC 栄誉賞」を贈呈して顕彰した。・・・

続きを読む
市川澪
パイプの煙 番外編  「年末高雄遠征記  『星影のワルツ』都市伝説とシガレット」

師走も押し迫った12月12―16日、尖閣問題、台湾5大都市選挙関係の研究発表のため、台湾・高雄を訪れた。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
八角パイプの勧め

親指と人差指で輪を作ると、その内側の形状が八角形に見えないだろうか。してみれば、掌中に包むパイプボウルの形状は・・・

続きを読む
奥田 権八
「50にして煙を知る」第26回 師走来る 今年も例会で締め

「わがJPSCは総会で始まり、総会で終るというわけで、、、」と世話人の梶浦さんの言い得て妙な挨拶で、恒例のJPSC2010年年次総会・忘年パーティが12月4日夕、催された。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
JPSC年次総会開催

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)は12月4日、東京・銀座の喫茶店カフェ・ジュリエで今回で44回目となる2010年次総会兼忘年パーティーを開催した。・・・

続きを読む
JPSC事務局
我偏愛竹軸

竹は草木本イネ目イネ科タケ亜科のうち茎が木質化する種の総称である。先日喫煙関連の通夜に馳参じ、故人遺愛の根竹ステッキに遺徳を偲び、ダンヒルの花輪に見とれて帰路に着いた。・・・

続きを読む
バンブー佐竹
50にして煙を知る  第25回

「還暦の快挙を目の当たり。全日本パイプスモーキング選手権 土浦大会参戦記」

11月14日の日曜日、うす曇りの中、常磐線で土浦についたのは午前10時すぎ。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
流星丹波

その昔愛読していた時代劇漫画で、主人公の危機にしばしば覆面の浪人が”せんべいしゅくしゅく〜”と吟じながら登場した。 ・・・

続きを読む
丹波 濫藏
パイプの煙 番外編  「台湾煙事情」

少々旧聞に属する話題になるが、9月に恒例の台湾・高雄遠征に行った。
公の場、飲食店でも原則禁煙となった台湾だから、通りでタバコを吸う姿は見かけなくなったが、今回は高雄から郊外に足を伸ばしたら、 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
天地開闢

葦の茎等の管を埋めた地面の窪みに、煙草を盛り上げて吸入するアーススモーキングは原初の喫煙法である。・・・

続きを読む
丹波 作造
転地療養

「虫垂切除なう」
「RT@tamper_maker どこの病院や?見舞いいくぞ!」 ・・・

続きを読む
丹波 作造
天地有情

中学当時転校を繰り返したが、校歌を覚えるのに苦労した覚えがない。「むらさきたなびく...野」のような流れで、所在地の古称を入れれば出だしは用が足りる。 ・・・

続きを読む
丹波 作造
「50にして煙を知る」 第24回 酷暑の足下に実りの秋が

都心で37、2度の猛暑を記録した8月17日。
何事もなかったように、夕方から銀座でJPSCの8月例会が始まった。 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
天地玄妙

一点着火旋転下降、ロングスモーキングの骨法はこれに尽きる、と語るのは泣く子も黙る関東煙管連合の面倒見某氏である。・・・

続きを読む
丹波 作造
津軽海峡でパイプを吹かす

旅行好きのパイプ仲間と一杯飲みながら雑談しているうちに、猛暑の東京を脱出して、涼しい青森の下北半島を旅行しようということになり、7月の週末を利用してパイプ仲間3人で行って参りました。・・・

続きを読む
JPSC僻地巡りの会
屋久杉パイプ

「屋久杉」は屋久島の山岳、標高約800m〜1700mに分布していて、樹齢が千年以上のものを指します。・・・

続きを読む
日吉 眞臣
天地真理

所は白馬山麗、季節は厳冬、宿は嫣然たる美女の笑顔と天然冷蔵酒庫付き豪華スイート。 ・・・

続きを読む
丹波 作造
天地分明

「われわれはーっ、スモークマン精神に則り、喫煙時間だけでなく喫煙文化の持続的発展を目指し、正々堂々と吸ったり吹いたりすることを誓いまーす!」 ・・・

続きを読む
丹波 作造
「50にして煙を知る」 第23回 パイプとリンゴ

最近聞いた、とても素敵な話を紹介する。
親しいパイプ仲間に、ずいぶん前に定年退職し、先ごろ亡くなった会社の先輩の家族から連絡があった。 ・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
天地有用

煙草の値上げを前にして、大缶のパイプ煙草を積上げて悦に入っているスモーカーも多かろう。しかし、一旦開けたあとは乾くのを防ぐために、蜜柑の皮だ、保湿剤だ、煙草ジャーを買占める等と、気苦労の種になりかねない。・・・

続きを読む
丹波 作造
『50にして煙を知る』  第22回 煙が目にしみる、、、、 関東選手権 参戦記

「審判員やってもらうから、出場たのむね」と日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)幹部から言われたのは、たしか3月だったか。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプをこよなく愛した画家 菅野圭介

絵画に造詣の深いパイプ仲間のお誘いで四月下旬の土曜日、横須賀美術館まで足を伸ばした。生前、パイプをこよなく愛し、作品の静物画にもよくパイプを描いていた鬼才菅野圭介画伯の回顧展覧会が開催されたからだ。 ・・・

続きを読む
熱血「パイプ道」始末記

尊皇攘夷の嵐の中で、「開国して文明開化するしか日本の行方はないのだ」と説いたら長州藩の長井雅楽(うた)は殺された。 ・・・

続きを読む
平井 修一
紫煙の行方6

煙草本来の姿は、その味を味わい、香を楽しむという優雅な世界でした。 趣味の範疇に入ると思います。 ・・・

続きを読む
岡山パイプクラブ会長 医学博士 砂山有生
パイプの煙 番外編 「台湾海峡、すでに夏景色」

恒例となった台湾・高雄への旅である。同行者もおなじみの拓殖大学海外事情研究所の丹羽文生助教。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
映画『シャーロックホームズ』とパイプ

2月26日に神戸の英国館で行われた『シャーロックホームズ・パイプスモーキング・コンテスト』に審査員として、連盟常任理事の大森氏と参加。・・・

続きを読む
ジョンシルバーパイプクラブ 柘製作所専務取締役 柘 恭三郎
紫煙の行方5

次にやや堅苦しい文章ですが、タバコの受動喫煙とやらに関する大切なポイントがうまく書いてあるので、要旨を引用します。・・・

続きを読む
岡山パイプクラブ会長 医学博士 砂山有生
第三回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その3>

ご報告

2月20日の第三回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
「国際パイプスモーキングデー 20 FEB 2010」
パイプ・スモーキングコンテスト at 神戸異人館・英国館

2008年2月20日にカナダとアメリカのパイプクラブの提唱により始まった 「国際パイプスモーキングデー」。喫煙の自由と世界平和を願いながら、世界中同じ日にパイプ愛煙家が集い、楽しもうという日です。・・・

続きを読む
異人館[うろこの家グループ] 崎原朝香
国際パイプスモーキングの日・JPSC例会報告

日本パイプスモーカーズクラフ(JPSC)は、2月20日の「国際パイプスモーキングの日」(IPSD)にあわせて2月の例会を開催した。

JPSCは、通常、第3火曜日の午後6時半から・・・

続きを読む
JPSC世話人代表 梶浦恭生
第三回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その2>

ご報告

2月20日の第三回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。 ・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
第三回、国際パイプスモーキングデー(IPSD)報告<その1>

ご報告

2月20日の第三回国際パイプスモーキングデー(IPSD)に際し、日本パイプクラブ連盟(PCJ)傘下の各クラブ主催による様々なパイプの催しが盛大に行われました。 ・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
ロングスモーキングの奥義

パイプ愛好家の読者の皆様から、当連盟事務局にロングスモーキングの秘訣を教えて欲しいとの問い合わせがしばしば寄せられます。・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
パイプ随想 ジャン・ギャバン

昨年の暮れに東京・赤坂のホテル・ニューオータニの中にあるニューオータニ美術館をぶらりと訪れた。・・・

続きを読む
ジョンシルバー・パイプクラブ 柘製作所専務取締役 柘 恭三郎
JPSCのPIPE誌

日本パイプクラブ連盟事務局ホームページ編集部に、JPSC(日本パイプスモーカーズクラブ)の古参会員の方が、かつてJPSCが発行していた「PIPE」誌を数冊貸与してくださいました。 ・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
紫煙の行方4

ではどうして煙草は皆に嫌われるようになったのでしょうか?

少し私なりの煙草に対する考えを考察してみます。 ・・・

続きを読む
岡山パイプクラブ会長 医学博士 砂山有生
紫煙の行方3

5月の第四日曜日は「世界禁煙デー」ということだそうで毎年、禁煙運動をしている方々が行事をしています。

そこで、数年前にこの日に合わせ、・・・

続きを読む
岡山パイプクラブ会長 医学博士 砂山有生
『50にして煙を知る』第21回 「葉巻党」に想う年末

職業柄、よく古本屋にフラフラと立ち寄る。
先日も八重洲地下街の馴染みの店を覗いていたら、「たばこ」と言うタイトルが目に飛び込んできた。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
どっこいマッチは生きている

パイプ煙草を楽しんでいるが、ライターで点火すると火傷しそうなので、1ヶ月前からマッチを利用している。今時マッチを利用する人は少ないからスーパーでも探すのに苦労したとカミサンが言っていた。・・・

続きを読む
平井 修一
『50にして煙を知る』第20回 全国大会の華 知事あいさつ、着物姿選手宣誓、着火失敗 全日本パイプスモーキング大会・岡山大会 参加体験記

白壁の町 倉敷は岡山でもっとも有名な観光地である。

今年の全日本パイプスモーキング大会の会場はその倉敷にある「アイビースクエア」・・・
続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
紫煙の行方2

さて、皆様方はタバコといえば何を思い浮べますか?
おそらくシガレット(紙巻タバコ)だと思われます。・・・

続きを読む
岡山パイプクラブ会長 医学博士 砂山有生
パイプ煙草とともに

年金や医療制度問題など、老後の生活不安に直結する話題にこと欠かない昨今、健康で心豊かに暮らせればとの思いは多くの人々の共通の願いだろう。・・・

続きを読む
雅俗院奨煙居士
ニューヨークパイプ&たばこ事情

ニューヨークは、たばこの喫煙に対しては厳しい場所であるが、たばこ店は多い街だ。 出張でニューヨークに入るとまず・・・

続きを読む
柘 恭三郎
『50にして煙を知る』第19回 ホワイト・エレファント 到着の顛末

「こんにちは、ゆうパックです。」
「これDHLじゃないですか?」・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプ煙草で至福の一服

今年の2月3日から禁煙したのだが、禁断症状が抜けた後も何か釈然としなかった。 「自分はとてつもない大切なものを自ら放棄してしまったのではないか」・・・

続きを読む
平井修一
パイプ余話 ―ビッグベンのカデット―

実に優雅なフォルムのダブリン型のパネル!

過日、JPSCの節句田さんが、ご友人のどなたかから頂き、とても気に入っているというブライヤーパイプを・・・

続きを読む
柘 恭三郎
有思所(5)−渡航歴50回以上を重ねて−

仕事柄、渡航の機会は多い。西欧諸国中心であるが、学生時代から優に50回を超えたはずである。 ・・・

続きを読む
昔気質の愛煙家
『50にして煙を知る』第18回「失われた」モールを求めて

プルーストの大作並みの大げさなタイトルで始まる話は、至って単純で、ドイツ製のモール「ホワイト エレファント」をどうにかしてまとめ買いしたいのに、手に入らない・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
紫煙の行方1

私は愛煙家です。しかしシガレットは吸いません。ゆっくりと愛用のパイプをくゆらせながら、パイプの良さを書きたいと思っています。・・・

続きを読む
岡山パイプクラブ会長 医学博士 砂山有生
『50にして煙を知る』第17回 懐深き 杜の都・仙台「東北パイプスモーキング大会」遠征記

「仙台に行ってくれんかね」
日本パイプクラブ連盟の重鎮・梶浦恭生さんからわれわれに声が掛かったのは・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
有思所(4) 最近気になる事

小生は、自宅と仕事場(個室)で、主としてパイプを燻らしている。 職場は、一応、館内禁煙になったが、「館内禁煙のホテルにもsmorking roomはある」と ・・・

続きを読む
昔気質の愛煙家
『50にして煙を知る』第16回「たばこと塩の博物館」リニューアル物語

渋谷にある「たばこと塩の博物館」が最近リニューアルされた。私は以前の姿を知らないが、新しくなった同館記念式典に・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
ブリュッセルの蚤の市で

この春、懸案のベネルクス三国の美術館めぐりを敢行した。これらの国々の美術品は、日本人好みのものが多い。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 美学者 大熊治生
パイプの煙 番外編 「台湾・禁煙法実施、それどころじゃなかった私」

入試・期末試験と卒業式の合間を縫って、3月中旬また台湾・高雄を訪問した。日本の政治がかなり動いており、去年に引き続き高雄市日経貿文化交流協会で・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプとジャズ
週末の夜、パイプ仲間を誘って渋谷のジャズライブ演奏のバーへ足を伸ばした。 バーは1階の片隅に小さな看板・・・ 続きを読む
『50にして煙を知る』第15回 春はやっぱり桜、ちと寒かったけど  ―花・酒・パイプ、3本立て人生の人々が集った花見同行記―

桜の開花が今年は史上最速を記録、「ぼやぼやしていたら、3月中に東京以西は散ってしまうかもしれない」との危惧は、完全な空振り・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
イタリア人パイプ作家

パイプたばこにドイツのセリーニがある。このたばこは、ドイツ製にもかかわらず、作り込みが徹底的にイタリアン。

続きを読む
ジョンシルバーパイプクラブ 柘 恭三郎
『50にして煙を知る』第14回
春はまだか。梅と鮟鱇鍋の水戸遠征記

春が待ち遠しい―。
若い時は四季なんか、あまり気にもしていなかったが、齢50半ばとなれば・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
「国際パイプスモーキングの日」(IPSD)に各地で例会

第二回国際パイプスモーキングの日の2009年2月20日、「世界のパイプ愛好家がこの日、喫煙の自由と世界平和を願って一緒にパイプを燻らそう」という国際パイプクラブ委員会(CIPC)の呼び掛けに賛同して、・・・

続きを読む
日本パイプクラブ連盟事務局
パイプの煙 番外編 「高雄訪問記 心に沁みたコニャックの一滴」

12月12日から3泊4日で、9ヶ月ぶりに台湾・高雄を訪問した。高雄大学での講演がメインであったが、大好きな街なので日々の雑事からも解放され、いい気分転換にもなった。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
日本パイプスモーカーズクラブ・平成20年次総会報告

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)では、年次末(通常は11月)に総会を開き、1年間の活動を総括します。総会後は、近隣のクラブの方、・・・

続きを読む
JPSC世話人事務局担当 梶浦恭生
パイプ徒然

第35回全日本選手権が終わり、早二ヶ月が過ぎました。12月に入り何かと忙しく過ごされているかと思います。そんな中でパイプを燻らせる心の余裕は持ちたいですね。・・・

続きを読む
パシフィックパイプスモーカーズクラブ 矢野初恵
『50にして煙を知る』第13回
本年を締めくくる新作、名づけて「超法規」タンパー

銀座を根城とする日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)、本年最後の行事は11月末に行われた恒例の納会である。・・・

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
全国パイプスモーカーズ大会 出店顛末記 2

あたふたとようやく準備が整ったのは前日の夕刻でした。 柏の兄の所に当日の早朝、とりたての免許で16号線をかっとばして向かい・・・

続きを読む
パイプ開発者 紺矢 哲雄
『50にして煙を知る』第12回
西日本からもタンパー作家が名乗り東西の両雄並び立つか?

前回、「第35回全日本パイプスモーキング選手権大会」に初参加記を寄せたが、世の中は広いと痛感する出来事に遭遇した。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
全国パイプスモーカーズ大会 出店顛末記 1

10月23日付け、日本経済新聞朝刊の文化面には驚きました。尊敬する梶浦恭生事務局長のお顔とともに、浅草ビューホテルにおいて行われた大会のご紹介記事が目に飛び込んできたものだから、びっくりしたのなんの。

続きを読む
パイプ開発者 紺矢 哲雄
見た やった わかった!  全日本パイプスモーキング選手権大会、初参加

「まずなんでも出てみる事だ」「人生、他流試合が必要だ」―よく学生に言う言葉だが、小生もパイプスモーキングを始めて、初の公式競技会参加となった第35回全日本パイプスモーキング選手権大会。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプ開発者のモノローグ  第七話 「平和」

勤務先の大学でパイプを美味そうに吹かしていると、興味をもった学生が話し掛けて、寄ってきてくれる……と前にお話しました。

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
パイプ開発者のモノローグ  第六話 「啓蒙」

いっそのこと、パイプ喫煙をもっと一般化させるためのアイデアを募集したら如何でしょうか。

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
パイプの煙 「芸術の秋」

秋はいつも唐突にやってくる。今年、東京に秋が訪れたのは8月24日。

日も暮れようとする午後6時半、銀座の小さなスペースに、見慣れた日本パイプスモーカーズクラブの面々が集まった。
続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
有思所(3) スコットランド喫煙事情

現在、愚生は、仕事の都合で、U.Kのスコットランドに滞在している。アメリカほどではないにしても、スコットランドも、愛煙家に好ましい場所とはいえない。

続きを読む
昔気質の愛煙家
パイプ開発者のモノローグ 第五話 「原点」

そもそもどうしてこの様な文章を載せて頂いているのでしょう。
この様な駄文で良いのだろうか? 実は不安です……。
日本パイプクラブ連盟のホームページは実に格調高いのです。

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
『50にして煙を知る』第11回  落馬、落馬が続き大穴
―8月例会ロング・スモーキングコンテスト準優勝の怪―

8月19日夕、夏の暑さもなんのその、夏休みもなく行われた日本パイプスモーカーズクラブ例会でのロング・スモーキングコンテスト。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプ開発者のモノローグ  第四話 「活性化」

母はヘビースモーカーで、父は無煙派でした。(これは紹介済み)
父はいわゆる株屋で、証券会社の嘱託として、投資相談や個人投資家を集めて小規模な

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
パイプ開発者のモノローグ  第三話 「バランス」

「均衡学」とは要は「バランス」の事でして、ご婦人によくいらっしゃる小顔でおちょぼ口の方には、パイプのマウスピースや大振りのパイプは、どうもバランスを欠く嫌いがある

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
『50にして煙を知る』第10回 
手に入れたパイプレスト、買い損ねたタンパー

夏と冬の年2回、恒例となった日本パイプスモーカーズクラブのオークション。

7月22日当日は大盛況で、会場のテーブルを取っ払って催された。40名近くの参加で

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプ開発者のモノローグ  第二話 「薬効」

そもそも喧しい喫煙権(嫌煙権にあらず。念のため)なのだけれども、「煙草の毒性」とやらに対する嫌煙家からの激しい攻撃に曝されているのが今の状況だとしたら、煙草の「薬効」をもっと論じてはどうでしょうか。(すみません。偉そうに)

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
パイプスモーキング選手権

破軍星は北斗七星の突端の一星である。ここに光の宿る時、軍の敗れることは無いと古来言慣わされている。

続きを読む
森谷 周行
パイプ開発者のモノローグ   第一話 「出会い」

私は勤務先の大学での就職指導で飯を食っていますので、先ずは自分史から。
今だから白状するけれど、煙草との付き合いは17歳の夏から始まりました。 (ごめんなさい)

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
パイプ喫煙会との出会い

今回、来日機会を得ることは私にとって以前からの念願だった。
ところが、実際来てみると約二十年前の留学生の時期とは全く違い、どうもカルチャーショックに悩まされる。

続きを読む
韓国 啓明大学校 美術大学教授 李仲煕(い じゅん ひ)
『50にして煙を知る』第9回 
あ、針金が折れちゃった!どうしようか。冷や汗 修復顛末記

以前、本欄で紹介した吸い口が象牙製のパイプ。

ずっと眺めたり、手で触って楽しんでいたが、やはり吸いたくなるのが人情
続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
安全健康喫煙パイプ 開発譚   第五回 「結の弐」

安全健康喫煙パイプ(チムニーパイプ)の作者(私)は考えた。今までにない安全でジュースの苦味を感じずにおいしい煙草の吸えるこのパイプで

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
安全健康喫煙パイプ 開発譚   第四回 「結」

自らの禁煙指令を撤回した。 カースティンパイプの黴をぬぐい、ニコチンを「薬」と信じて「キャプテンブラック」を吸った。(決して、人様にお奨めするものではございません)

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
安全健康喫煙パイプ 開発譚   第三回 「転」

まさに転んだのが初めて経験する退職であった。2006年12月末日、34年9ヶ月の「一社懸命(造語)」に急ブレーキを踏んだ。

続きを読む
パイプ開発者 紺矢哲雄
『50にして煙を知る』第8回 自称「唯一のタンパー専門作家」登場

ボールに指を突っ込み、火のついたタバコの葉を押え込むほど、初心者の私は慣れていないので、パイプを吸うときにはどうしてもタンパーが必要になる。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人

安全健康喫煙パイプ 開発譚   第二回 「承」

新案パイプ開発のきっかけは・・・暇だったのだ。
一昨年の暮れに35年あまり勤務した会社を退職しました。体調を崩し、

続きを読む
パイプ開発者 紺矢 哲雄

パイプの煙  番外編 「高雄再訪記」

3月13日から16日まで、春休みを利用して4ヶ月ぶりに台湾・高雄を再訪した。総統選挙直前とあって、さすがにあちこちに選挙ポスターや旗が目立つ。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人

安全健康喫煙パイプ 開発譚   第一回 「起」

「パイプはキザだ」 若い頃は、ずっとそう思っていた。 「気障」、漢字ではこうなる。「気にさわる」から「気障」。

続きを読む
パイプ開発者 紺矢 哲雄

ソウルの都大路をパイプ咥えて闊歩

山口パイプクラブのメンバー4人と小生の娘を加えて5名の2泊3日の韓国グルメ旅行。メンバーは大学教授の荘司先生、

続きを読む
鴻峰山人
日本パイプスモーカーズクラブ創立40周年記念パーティ開催

日本パイプスモーカーズクラブ(JPSC)は1967年に創立され、昨年創立40周年を迎えました。昨秋に記念パーティを開きましたのでその様子を紹介いたします。

続きを読む
世話人・事務局担当 梶浦恭生
有思所(2)

与え給え 煙草の喫えるパイプを そしてまた読むべき書を

続きを読む
昔気質の愛煙家
『50にして煙を知る』第7回 新しい仲間にしたい人 発見!

私自身、まったく考えもしない形でパイプの煙愛好者になったので、最近は「この人は」とピンと来た人物に、「どうですかね、こういう趣味は」と勧めたり、脈がありそうな人にはパイプや煙草を差し上げたりすることもある。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
『50にして煙を知る』第6回 芸術品と見るか、吸う道具として 楽しむか

ご存知のとおり、私のパイプ歴は2年に満たない素人である。取り立ててパイプの歴史や道具についての知識もないが、日本パイプスモーカーズクラブに入れていただき感心したのは、とにかくタバコの味を愛する人、

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
有思所

僕は、趣味を尋かれると「パイプ煙草です」と答える事にしている。
周知の如く、パイプは「hobby horse(揺木馬)」と呼ばれる。
馬たちが、静かに出番を厩舎で待っている姿は、実にかわいい。

続きを読む
昔気質の愛煙家
夕刊フジの平成19年11月30日付けにパイプ喫煙の紹介記事「パイプ愉しむ方法」が掲載されました

夕刊フジの記者から、日本パイプクラブ連盟の当ホームページを通じて事務局に「アメリカで紙巻き煙草に代わってブームになっているというパイプ喫煙の魅力について

続きを読む
連盟事務局
六本木ローデシアン・パイプクラブ合宿記

六本木ローデシアンパイプクラブは昨年、創立30周年の節目の歳を迎えました。クラブの記念事業として、「創立30周年記念誌」を発行しました。

続きを読む
会長 田中 需
パイプの煙 番外編  「台湾・高雄物語」

東京では木枯らしが吹き始めた11月中旬、台湾・高雄を訪問する機会があった。2週間前に北京に行ってきたばかりのせいか、その暖かさと自由の空気にすっかり魅せられてしまった。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
秋はパイプの季節

天高く馬肥える秋は食べ物の美味しい季節だが、紅葉の山野に清涼な大気の中でのパイプの薫りにはひと味違った深みがある。

続きを読む
小さな町の鴻峰山人
『50にして煙を知る』第5回 机の上で眺めるお宝タンパー

私が岡山パイプクラブのドン、平野憲一郎氏に誘われ、パイプをたしなみ始めたことは最初に書いた。日本パイプスモーカーズクラブ入会以来、

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
『50にして煙を知る』第4回 パイプの煙 チャンスは前髪だけ! マグレでも記録は記録

50を過ぎて初めて煙を吸った人間の悪戦苦闘ぶりを書き綴るのが、このコーナーだが、先日、東京パイプ・スモーカーズ・クラブ、8月例会のコンテストで

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
日本の論点・「喫煙可」のあいまいさ

タバコは紙タバコだけではない。「喫煙可」では不十分。「紙たばこは可。パイプ、葉巻は禁止」とはっきり書くべし

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
パイプのすぐれものを一つ。

Lee Von Erckはアメリカの有名作家だが、彼の弟子というか彼に手ほどきを受けたB.A.Weaverの作品を入手する機会があった。

続きを読む
小さな町の鴻峰山人
ブライアと優雅に遊ぶ 〜徳富博之の即興的パイプ制作 第4回

徳富の作品を知れば知るほど、彼が初期に受けたSixten Ivarsson工房での修行とデンマークのパイプ・デザインの重要性が分かるようになった。

続きを読む
Thomas Looker (米国アマースト大学客員教授)
『50にして煙を知る』第3回

翌日、再チャレンジ。
火を近づけつつ、パイプを吸うと空気が補給され、うまく点火すること

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
ブライアと優雅に遊ぶ 〜徳富博之の即興的パイプ制作 第3回

徳富の作品は時として、そのデザインに到達するまでのルーツを知らなければ、十分に理解するのは困難かも知れれない。

続きを読む
Thomas Looker (米国アマースト大学客員教授)
ブライアと優雅に遊ぶ 〜徳富博之の即興的パイプ制作 第2回

ブライア・パイプが喫煙用であるのは述べるまでもないが、同時に常に鑑賞の対象でもある。

続きを読む
Thomas Looker (米国アマースト大学客員教授)
爽やかな夏のPipe Smoking の楽しみ方

早朝夏の爽やかな大気の中でふかすLeafのお勧めはなんと言っても「DunhillのEarly Morning Pipe」を擱いて他にはないと思う。

続きを読む
小さな町の鴻峰山人
『50にして煙を知る』第2回

パイプの国はイギリス」と勝手に思い込んでいる。
少年時代に読んだシャーロック・ホームズが、たしかパイプを愛用していたなあ。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
髭のジョルジュ〜小さな町のパイプ・スモーキング・クラブ事始め

僕はその店を「安らぎの隠れ家」にして独りでパイプを楽しんでいた。
「良い薫りですね。何の葉ですか?」

続きを読む
小さな町の鴻峰山人
『50にして煙を知る』第1回

およそ、この世でもっとも苦手なものはタバコの煙である。100メートル先の他人の歩きタバコの煙で、頭が痛くなるほどである。これはいまでも変わらない。

続きを読む
千葉科学大薬学部教授 小枝義人
ブライアと優雅に遊ぶ 〜徳富博之の即興的パイプ制作 第1回

デンマーク行きの第一歩として、1974年にシベリア鉄道に乗り込んだ徳富博之は、このとき27才。

続きを読む
Thomas Looker (米国アマースト大学客員教授)
パイプの愉しみ方 私流

新しいパイプを買ったとき、そそくさと自宅へ帰り思いをめぐらしながら、火を入れる一番楽しい一時である。 私流には、もう一つ楽しい時がある。 それは、春である。

続きを読む
鈴木 了
フェイク・パイプ

フェイクやイミテーションの世界は、いろいろな商品分野に存在するが、パイプにもある。韓国に行った時、ルイ・ヴィトンの明らかにコピーと分かるバッグが売られていた。

続きを読む
柘 恭三郎